倉部さんの付下げの帯合わせ

第三千三百六十五回目は、倉部さんの付下げの帯合わせです。

今日は普通に袋帯を合わせてみました。

IMG_96741.jpg
いちばん上の写真は、龍村の袋帯「ちとせ間道」を合わせてみました。一応間道も試してみますが、同系色の青系にしてみました。

IMG_96801.jpg
写真2番目は、洛風林の袋帯を合わせてみました。「大黒屋金襴」と呼ばれる、唐草文と宝尽くし文を合わせた名物裂に取材したものです。本歌は、名前の通り金襴手なので模様は金糸ですが、ここでは白地に青と茶色という都会的な配色に改作してあります。模様は本歌通りでも、色は洛風林らしく個性的で都会的になっているのです。

青は絹糸で、茶色に見えるのは臙脂色のポリエステルフィルムなのです。同じ画面にある平面的な模様と思うと質感が違って、立体的に感じたりする、洛風林の仕掛けということでしょうか。

IMG_96831.jpg
写真3番目は、河合康幸の袋帯を合わせてみました。唐織で花の丸文様という定番的な意匠ですが、地色の紫が個性があります。帯は着物に合わせないといけないものなので色に個性があるというのは使い勝手が悪そうですが、この事例で見るとおり、紫は水色には綺麗に合います。ほかにグレーやベージュなどにも合いますし、紫系に対しては濃淡関係を作れるので、使い勝手は意外に良いです。

IMG_96851.jpg
写真4番目は、龍村の袋帯「有朋文」を合わせてみました。鳥獣戯画という物語性の高い帯を合わせてみました。相手が波ならどんな物語を持ち込んでも大丈夫ですね。帯の地色は黄色ですが、黄色というのは合わせてみると綺麗な色です。

IMG_96761.jpg
写真5番目は、織悦の袋帯「厳島花鳥蝶文」を合わせてみました。模様に動きがあって面白い上に使い勝手が良いのでつい使ってしまいます。
スポンサーサイト
[ 2016/04/27 ] 帯合わせ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shirokiyagofukuten.blog.fc2.com/tb.php/994-69a4e1b2