2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

千切屋治兵衛(中井亮さん)の絽の付下げ「浜辺」の帯合わせ

第二千五百三十六回目は、昨日に続いて千切屋治兵衛(中井亮さん)の絽の付下げ「浜辺」の帯合わせです。

ずいぶん引っ張るなあ、と思われるかもしれませんが、まだどうしても試してみたいものがあるのです。1つは絽綴、もう1つは友禅の染め帯ですね。

IMG_6058.jpg
いちばん上の写真は、龍村の絽綴の名古屋帯「花流水」を合わせてみました。龍村の絽綴は、地は絽綴ですが、模様は西陣の普通の帯と同じように絵緯糸で表現しているため、裏に渡り糸があります。(止められるところは止めています。)近年の和装品としての絽綴の流れを考えると、かつては希少な高級品であったのが、中国製が現れたことで価格が暴落し、日本製はほとんど滅びた状態だったのが、再び龍村などから高品質なものが現れたという状況です。

この作品は白地で、青と緑の爽やかな配色です。意味的には、着物の「浜辺」と合うか微妙なところですが、色はきれいに合いますね。

IMG_6059.jpg
写真2番目は、龍村の絽綴の名古屋帯「芒香文」を合わせてみました。「芒が香る」というタイトルですが、私は残念ながらピンときません。芒の香りとはどんなものか、世間の人は知っているのか、私は「芒」「香」などの語で、根気よくブログを検索し、それについて論じたものがあるか探してみました。何十かブログを読んで、1つだけ「私、すすきの匂い知ってるお」というのを見つけました。天然っぽい文章でしたが、花が好きな感性の豊かな人に思いました。結局、香りの種類はわからなかったのですが。

龍村のタイトルについて考えると、「芒の香」という、世間の大部分の人は意識していないが、感性の豊かな一握りの人だけが知っている、というテーマをタイトルにするというのが上手いなあと思います。

帯合わせについては、着物と帯の地色は補色関係、着物の暈しの中のわずかな黄色については同系色の関係であり、意外に基本パターンですね。

さて、次は友禅の名古屋帯を使った帯合わせです。友禅染という技法の特長を他の染織技法との比較で考えると、絵画性が高いということに尽きます。絵画性が高いということは、模様が意味を持ちやすいということですから、せっかく友禅の帯を使うなら、帯合わせは着物との間に意味的なつながりを持たせたいですね。

IMG_6075.jpg
写真3番目は、花也の紗の名古屋帯「波の丸に千鳥」を合わせてみました。着物の「浜辺」に対して、帯は「波に千鳥」ですから、まさに意味をつなげた帯合わせです。

着物と帯の地色は、水色に黒という鉄板の組み合わせですし、横長水平の着物の柄に対し、帯は丸紋ですから、まさに教科書的な帯合わせだと思います。

IMG_6077.jpg
写真4番目は、野口の絽の名古屋帯「塩釜」を合わせてみました。塩釜は、11月7日(二千五百三十一回)の付下げで取り上げた通り、百人一首の藤原定家の歌などにもあるような文芸テーマです。海を表現主義的に描いた着物に対し、文芸要素をプラスするという出来すぎともいうべき帯合わせになります。
スポンサーサイト
[ 2013/11/12 ] 帯合わせ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shirokiyagofukuten.blog.fc2.com/tb.php/98-a19ac917