大羊居の付下げ「華折紙」の帯合わせ

第三千三百二十七回目は、大羊居の付下げ「華折紙」の帯合わせです。

今日は間道の帯で合わせてみました。毎回どんな着物でも間道を合わせてばかりで恐縮ですが、私は龍村の間道が大好きでどんな着物にも合わせたくなっちゃうんです、すみません。

IMG_89741.jpg
いちばん上の写真は、龍村の袋帯「海老殻間道手」を合わせてみました。タイトルの最後の「手」は、本歌の名物裂の完全な再現ではないという意味でしょう。

IMG_89761.jpg
写真2番目は、龍村の袋帯「清風間道」を合わせてみました。着物の地色がオレンジっぽいので、黄緑を合わせてみました。牡丹の葉の色とも合って、良い配色だと思います。

IMG_11721.jpg
写真3番目は、龍村の袋帯「彩香間道」を合わせてみました。茶系の濃淡の帯で、着物の地色にも逆らわない配色です。

IMG_11751.jpg
写真4番目は、龍村の袋帯「ちとせ間道」を合わせてみました。着物の地色に対し補色的な青系の間道を合わせてみました。昔は帯と着物は補色(反対色)にしたものですが、近年は同系色にすることの方が多いですね。こうしてみると昔風の補色も悪くないですねえ。

IMG_11711.jpg
写真5番目は、龍村の袋帯「郁芳間道」を合わせてみました。これも補色を合わせています。むしろこれがいちばん大羊居の存在感を引き出してくれるような気もしますね。

IMG_11761.jpg
写真6番目は、龍村の名古屋帯「飛鳥間道」を合わせてみました。「飛鳥間道」という間道は歴史上にはなく、龍村のオリジナルのネーミングです。本歌は東京国立博物館法隆寺館にある「蜀江小幡」という法隆寺に伝世する飛鳥時代の幡の幡頭および幡頭の手に使われている裂です。
スポンサーサイト
[ 2016/03/16 ] 帯合わせ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shirokiyagofukuten.blog.fc2.com/tb.php/955-56e2fff6