一の橋の付下げ「横段楽器」の帯合わせ

第三千三百十九回目は、一の橋の付下げ「横段楽器」の帯合わせです。

着物の意匠には植物が描かれていることが多いですが、今回の「横段楽器」は植物が一切描かれていません。器物文様であっても、添え物として植物が描かれていたり、笛袋など器物の模様として植物が描かれていることが多いのですが、それもないというのは珍しいですね。

着物に植物が描かれていないことのメリットは、何の差障りもなくあらゆる種類の植物文の帯を合わせることができるということです。

IMG_10841.jpg
いちばん上の写真は、紫絋の袋帯「松重ね」を合わせてみました。

IMG_10821.jpg
写真2番目は、織悦の袋帯「龍田川」を合わせてみました。

IMG_10781.jpg
写真3番目は、織悦の袋帯「光悦秋草柴垣文」を合わせてみました。

IMG_87901.jpg
写真4番目は、織悦の袋帯「遠山霞桜楓文」を合わせてみました。蒔絵の漆の金の工芸品のイメージを織物で表現しています。

IMG_87991.jpg
写真5番目は、河合康幸の袋帯を合わせてみました。小袖の意匠である花の丸文ですが、地色の紫色が個性的ですね。

IMG_88001.jpg
写真6番目は、龍村の名古屋帯「印金牡丹唐草文」を合わせてみました。格調高い金を使った名物裂には、金糸を織り込んだ金襴と生地に金を貼り付けた印金があります。名物裂の印金は日本の小袖の摺箔とよく似ています。

両者の違いは、印金は仏具などに使われることが多く着物として着ることを想定していないので、金箔に厚みがあるのに対し、摺箔は小袖の装飾に使われたので、人間の体の動きに自由に沿わなければなりませんし、使用しないときは畳まなければならないため、金箔が薄いのです。

現代の着物に再現するときは、型紙を使って摺りこむときは摺箔、プラスティック製の縁蓋を使う時は印金というようです。印金と呼ばれるときの方が明らかに金が厚いのでわかります。

スポンサーサイト
[ 2016/03/08 ] 帯合わせ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shirokiyagofukuten.blog.fc2.com/tb.php/947-1d02a447