龍村の袋帯「八橋螺鈿錦」の帯合わせ

第三千三百十一回目は、龍村の袋帯「八橋螺鈿錦」の帯合わせです。

今日は付下げに合わせてみます。付下げといっても、マーケティング的な理由で訪問着にされず反物で販売されたもので、実質的には訪問着であるものですね。

IMG_05781.jpg
いちばん上の写真は、野口の付下げを合わせてみました。実際に制作したのは倉部さんで花籠をテーマに思い切り刺繍しています。作品の重さで龍村の袋帯と釣り合うことを意識した帯合わせです。

IMG_05931.jpg
写真2番目は、千切屋治兵衛の付下げを合わせてみました。実際に制作したのは中井亮さんです。琳派様式に流水に蛇籠(本来防災施設であるものを着物の意匠に取り込んだものです。)と紅葉を描いたものです。

IMG_97081.jpg
写真3番目は、千切屋治兵衛の付下げを合わせてみました。実際に制作したのは倉部さんです。琳派風の金描きの芒と地紙、地紙の中に四季花を入れています。箔と刺繍の他に友禅も併用しています。

IMG_05881.jpg
写真4番目は、花也の付下げ「和本」合わせてみました。「光悦の謡本」など開いた和本をモチーフにした小袖は江戸時代からあります。モチーフの和本は、多くのばあい絵本という設定になっていて、それが友禅模様の見せ場になっているのですが、この作品の和本はすべて文字の代わりの型疋田になって、絵画的要素の少ない作品になっています。

意匠的には和本を斜めに配するのみで、松竹梅を添えて余白を埋めるような小賢しいことはしていません。糊糸目の友禅がウリの花也としては、自分の得意技を封印しているわけで、思い切った作品とも言えますね。

IMG_09881.jpg
写真5番目は、一の橋の付下げを合わせてみました。実際に制作したのは倉部さんです。慶長小袖に取材しています。現代の京友禅の多くは、御所解など江戸後期の小袖に取材したものが多いので、江戸初期の様式に取材したものは斬新に見えるのではないでしょうか。

IMG_09901.jpg
写真6番目は、同じ付下げで帯を置く位置を変えてみました。上の写真は、龍村の帯と刺繍の扇面の組み合わせとして見えますが、実際にはその下の紫の取り方と相性が良いと思われるので、帯の位置をずらしてみました。
スポンサーサイト
[ 2016/02/29 ] 帯合わせ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shirokiyagofukuten.blog.fc2.com/tb.php/938-c208bb9f