2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

龍村の袋帯「八橋螺鈿錦」の帯合わせ

第三千三百九回目は、龍村の袋帯「八橋螺鈿錦」の帯合わせです。



IMG_92851.jpg
千切屋治兵衛の商品として制作されたものです。元絵は色のある絵でしたが、ここでは無彩色である墨色の濃淡と金彩のみ、地色も白という単彩の作品になっています。

蔦は墨で描き上げたような演出がされていますが、きちんとした糊糸目の友禅です。地色が白いために糸目が見えないんですね。金についても金泥のように見えますが、勢いの載ったように見える線もじつは、縁蓋の技法を使って綿密に作られた線なのです。

墨の味わい、線の勢い、ついでに作者の枯淡の境地も、何もかも中井さんが下職に指示してやらせている演出です。

IMG_92831.jpg
写真2番目は、地紙をテーマにした訪問着に合わせてみました。千切屋治兵衛の商品として制作されたものです。金と銀の大きな地紙(扇子の紙だけ)と霞だけの作品です。金の地紙の友禅部分はベージュ、銀の地紙の友禅部分はグレーですから、もうとにかく色を使いたくない、っていうことなんでしょうね。

IMG_92751.jpg
写真3番目は、雲形を取り方として、琳派の草花と唐草模様を入れた訪問着に合わせてみました。千切屋治兵衛の商品として制作されたものです。雲と波の組合わせということになりますね。

IMG_97091.jpg
写真4番目は、平家波に切り箔を合わせた訪問着に合わせてみました。千切屋治兵衛の商品として制作されたものです。このような波の形は「平家波」といいます。「切り箔」は蒔絵や着物に使う金加工の一種で、生地に糊を塗っておき、上からこのような形に切った金箔を散らす(置く)ものです。

波の技法は、ダンマル描きで波を描いて、その上に金泥で描いたもの、切箔は友禅と金糸の刺繍です。

IMG_05651.jpg
写真5番目は、孔雀の羽根をテーマにした訪問着に合わせてみました。羽根の部分は糸目を消した友禅で、地色と同化して見えにくくなっていますので、羽根の先端の飾りだけが宝石が散らばったようにキラキラ見えます。普通の糸目友禅であれば白い糸目の線が目立つので、羽根がはっきりして、羽根の先端は羽根の先端にすぎず、散らばった宝石のように見えることはないでしょう。

糸目をわざわざ消しているのは、羽根の先端を散らばった宝石のように見せるためだろうと思います。
スポンサーサイト
[ 2016/02/27 ] 帯合わせ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shirokiyagofukuten.blog.fc2.com/tb.php/936-c8cfac67