織悦の紗の袋帯の帯合わせ

第二千五百三十一回目は、昨日紹介した織悦の紗の袋帯の帯合わせです。

袋帯ということで、基本はフォーマルですから絽や紗の付下げや訪問着に合わせます。この作品については、日本人に昔から愛されてきたる芒というモチーフですし、すっきりして都会的なデザインだと思います。

全く問題のない、良いことずくめに思えますが、絵画でも蒔絵でも陶画でもなく、和装である夏帯と思えば、いくつかの制約が見えてきます。

1つは、すっきりして都会的ということが災いして、重厚な絽の訪問着に対してはバランスが悪いということです。もう1つはもっとありがちなことですが、夏の着物は秋草のようなテーマが多いので、帯合わせの時に柄が重なってしまうということです。

IMG_6066.jpg
いちばん上の写真は、野口の紗の付下げを合わせてみました。小袖写しともいえる海浜模様です。塩釜(古代から中世の塩の製造法)も描かれていて)は、百人一首の定家の詩「来ぬ人をまつほの浦の夕なぎに 焼くや藻塩の身もこがれつつ」を連想させるので、江戸後期に流行った文芸モノともいえますね。ここでは、帯の芒と重なる秋草文を避けてみました。

IMG_6064.jpg
写真2番目は、千切屋治兵衛(実際の制作は村田さん)の絽の付下げと合わせてみました。雪輪いらしというテーマで、その雪輪の中に秋草と割り付け文が入っています。秋草でも隔離してしまえば大丈夫ということで、これも帯の芒と重ならない帯合わせです。

IMG_6068.jpg
写真3番目は、先日紹介した千切屋治兵衛(実際の制作は市川さん)の絽の付下げと合わせてみました。萩ということで、芒とは秋の七草の仲間ですね。同じ秋草とはいえ、下からスッスッと伸びてくる芒の意匠と、上から垂れてくる萩の意匠、形も雰囲気もすごく違うために、帯合わせとしては違和感がありません。

IMG_6070.jpg
写真4番目は、参考レベルでしかない帯合わせですが、千切屋治兵衛(実際の制作は野村さん)の単衣用の生紬の付下げと合わせてみました。芒どうしの組み合わせがどんな感じかご覧ください。芒の穂の模様が重なって、帯合わせとしてはおかしいはずですが、一瞬、見落としてしまいますね。
スポンサーサイト
[ 2013/11/07 ] 帯合わせ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shirokiyagofukuten.blog.fc2.com/tb.php/93-f313c727