2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

一の橋の付下げ「横段楽器」

第三千二百九十五回目の作品として、一の橋の付下げ「琳派梅」を紹介します。

今回紹介するのは、12月28日(三千二百四十八回)に紹介した、一の橋の友禅と雲母の名古屋帯「琳派梅」の付下げバージョンです。最初は塩瀬の名古屋帯として仕入れましたが、全身を包んでも十分に鑑賞に堪える作品なので、付下げあるいは訪問着に改作するように注文していました。

まだ出来上がったばかりですが、もう2月半ばで、帯合わせなど紹介しているうちに梅の季節になってしまうので、先に紹介します。
技法などの解説は名古屋帯の記事を参考にしてください。梅の花は雲母による加工です。

IMG_00721.jpg
いちばん上の写真は前姿(マエミ+オクミ)です。

IMG_00791.jpg
写真2番目は後姿です。

IMG_00941.jpg
写真3番目は袖です。付下げとして反物で制作しましたが、袖の模様の量を見ると、実質的に訪問着だとわかります。

IMG_00751.jpg
写真4番目は胸です。

明日は細部です。
スポンサーサイト
[ 2016/02/13 ] 友禅 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shirokiyagofukuten.blog.fc2.com/tb.php/922-7b186686