2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12

一の橋の付下げ(実際の制作は安田)の帯合わせ

第三千二百七十八回目の作品は、一の橋の付下げ(実際の制作は安田)の帯合わせです。

今日も帯合わせの続きです。

IMG_88231.jpg
いちばん上の写真は、織悦の袋帯を合わせてみました。水色地で閉じた扇子と霞がテーマです。元々の帯の意匠のテーマが尖ったものではないので、なんとなく穏当に合っているのではないかと思います。こういう帯は、どうしてもこの1本が欲しいとも思わないかわり、嫌われる理由もなくどんな着物にも合いますね。

IMG_88191.jpg
写真2番目は、おび弘の袋帯を合わせてみました。モダンな色、モダンな意匠でありながら、手織りで本金の引き箔の糸を多用するという、もっとも正統な西陣の織物でもあります。上の例では「人が気が付かないほどの普通」を狙いましたが、この例では「こんな合わせ方もあるのか」という驚きを狙ってみました。

IMG_88181.jpg
写真3番目は、北村武資の袋帯「七宝連珠文」を合わせてみました。北村武資の帯は古典の写しでもモダンな雰囲気があって、良い着物ならたいてい合いますね。この「七宝連珠文」には色違いもあるようですが、私はこの黄色地がいちばん気に入っています。

IMG_88251.jpg
写真4番目は、龍村の袋帯「王朝華映錦」を合わせてみました。上の例では同系色の黄色で合わせており、こういうのを上品と感じる人が多いのも承知していますが、今度は着物とは全く関連性の無い多色の帯でデコトラみたいに合わせています。逆もまた真、というのは帯合わせにもありますからね。

IMG_88221.jpg
写真5番目は、織悦の袋帯を合わせてみました。琳派の草花文と芝垣を合わせた意匠で、白地にきれいな多色です。織悦の色は原色を合わせても、色に透明感があるためか上品ですよね。お太鼓がうさぎである帯は、腹文が秋草であることが多いですよね。そんな意味でうさぎに秋草を合わせています。

IMG_88241.jpg
写真6番目は、織悦の袋帯「楽園」を合わせてみました。茶色に細かい模様ですから年輩者向きのようですが、よく見るとお馬さんが居たりしてファンシー系のかわいい意匠なんですよね。アンバランスが持ち味なわけですが、本来大人しか着られない着物である安田なのにうさぎが居るこの着物も同じですね。
スポンサーサイト
[ 2016/01/27 ] 帯合わせ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shirokiyagofukuten.blog.fc2.com/tb.php/905-c9085004