2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12

千總の振袖の帯合わせ

第三千二百七十三回目は、千總の振袖の帯合わせです。

振袖に合わせる帯を買う時に考えることは、振袖専用にするか、後に訪問着などと兼用できるものにするかですね。私は、ある程度高いものを買うときは、兼用することを考える方が良いと思いますね。

IMG_93071.jpg
いちばん上の写真は、龍村の袋帯「王朝華映錦」を合わせてみました。千總の振袖に龍村の華やかな帯を合わせるという、三越や高島屋の特選コーナーにありそうな組み合わせです。

百貨店で、娘のためにこういう組み合わせで買い物をできる人は、自分は幸運に恵まれていると神か仏に感謝するべきだと思います。

IMG_82651.jpg
写真2番目は、龍村の袋帯「瑞鳥遊園錦」を合わせてみました。チュニジア辺りに多く残る古代ローマのモザイクに取材したもので、かなり個性的ですね。

IMG_82671.jpg
写真3番目は、大西勇の袋帯を合わせてみました。帯の地色が金色ということで選んでみました。赤地に金は失敗の無い安全な組み合わせですよね。

IMG_82631.jpg
写真4番目は、昔の服部の袋帯「オリエント錦」を合わせてみました。全面的に本金の引き箔で織られた帯ですが、今、高級と言われる帯よりもずっと細く裁断された糸を使っていて、昔の服部のすごさがよくわかります。

IMG_82711.jpg
写真5番目は、洛風林同人の誰かによって織られた袋帯を合わせてみました。洛風林というのは、西陣でももっとも個性的な作風でまさに創り手であるのですが、証紙番号を持たず、定義上は問屋になります。もともと西陣には出機というのがあるのですから、織屋と問屋の境は曖昧ですよね。

これは、問屋が「実質的には洛風林です」というセールストークで売っていた帯です。洛風林同人によって織られ、洛風林に納めず独自に売った帯という意味でしょうね。本当なのか、単にセールストークなのか知りませんが、手織りの帯であることは確かです。

西日本好みというか、関東に人は好まない濃厚な色彩の帯です。赤に対し濃厚な赤紫という組み合わせになります。
スポンサーサイト
[ 2016/01/22 ] 帯合わせ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shirokiyagofukuten.blog.fc2.com/tb.php/900-b5c6ab7b