2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12

龍村の袋帯「王朝華映錦」の帯合わせ

第三千二百六十三回目は、龍村の袋帯「王朝華映錦」の帯合わせです。

今日は、この帯が振袖専用ではないことを示すために、大羊居の付下げに合わせてみます。龍村は昔から高島屋上品会や松坂屋名作展のメンバー同士として大彦・大羊居と一緒に展示会をしてきたのですから。

IMG_94491.jpg
いちばん上の写真は、「流麗華文」というタイトルの付下げを合わせてみました。黒地に多彩な華文を描き、さらに豪華な金彩と金糸の刺繍を加えた作品です。華やかな作品なので、原色があふれる帯の色がちょうど良いですね。

IMG_94511.jpg
写真2番目は、「菱取り華文」というタイトルの付下げを合わせてみました。綺麗な黄色地に菱形の取り方を置き、なかに西洋の家紋のような意匠と、チューリップなどの洋花を入れた綺麗な着物です。この作品も華やかなので、今回の帯がちょうど良いですね。

IMG_94521.jpg
写真3番目は、前姿が松竹梅、後姿が紅葉という華やかな付下げを合わせてみました。特に後姿の紅葉は、赤も黄色も緑も有って季節不詳の華やかな作品ですが、地色がグレーなので、年齢幅はかなり広いです。原色あふれる帯を合わせることで、年齢不詳の着物を若向きに引き寄せるコーディネートになると思います。

IMG_94551.jpg
写真4番目は、「竹に雀」を合わせてみました。竹に雀という伝統的な組み合わせですが、雀が丸く膨れてイラストのようなかわいさがあります。地色は地味で、模様にも派手な色は使っていませんから、年輩向きの雰囲気です。しかし雀がイラスト風でかわいいので、地味で目立たない着物とは言えません。かわいい+地味、という組み合わせということになりますが、意外とそういう雰囲気を好む人は多いのでは。

派手な帯を合わせることで、全体のコーディネートを若向きの方に手繰り寄せてみました。

IMG_94621.jpg
写真5番目は、掛け軸の水墨画を大羊居風にアレンジした付下げを合わせてみました。後方に松と大岩がそびえたち、前方には川と粗末な橋があります。それが縦長の掛け軸の水墨画の基本パターンですが、絵画として鑑賞する人の視線は、その危ない橋を渡って岩を登って頂上を目指すわけで、禅の修行そのものなんですね。

この付下げは、元絵が水墨画であることを引き継いで、ほぼ白揚げで制作しています。そのように書くと、成仏しそうなおばあさん向けの着物みたいですが、大羊居が作るとエネルギーがあって、見ていて楽しくなってしまうので、元が説教臭い画題ということさえ気が付かないぐらいです。

母か祖母から着物を譲られたが、まだ地味で着られないというときに、わざと合わない帯を合わせてバランスを崩してやるという手もあるという例です。
スポンサーサイト
[ 2016/01/12 ] 帯合わせ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shirokiyagofukuten.blog.fc2.com/tb.php/890-348a7ce0