龍村の袋帯「王朝華映錦」の帯合わせ

第三千二百六十二回目は、龍村の袋帯「王朝華映錦」の帯合わせです。

華やかで六通の帯ですから、まず振袖に合わせてみます。ただし、全体が本金の引き箔ですから、美容室の着付け師に、あまり極端な変わり結びなんかされたらこわいですね。普通は振袖用の派手な帯のばあいは、ポリエステルフィルムを多用していることが多いです。

IMG_93081.jpg
いちばん上の写真は、野口の振袖を合わせてみました。江戸時代後期に小袖の模様として人気のあった「瀧模様」です。黒地に青や赤など原色の模様を合わせたもので、偶然ですが、帯と色目が合っています。

IMG_92941.jpg
写真2番目は、大羊居の振袖を合わせてみました。刺繍も多用した豪華な薬玉模様ですが、地色が黒でオレンジの霞という安物だったら許されない色ですよね。

IMG_92921.jpg
写真3番目は、千切屋治兵衛の振袖を合わせてみました。かつて本社で制作した手挿しの標準的な振袖です。朱色の無地と型疋田の市松で、中は琳派模様ですね。朱色の単色の着物に多色の帯の組み合わせです。

IMG_93091.jpg
写真4番目は、竹田庄九郎の本疋田の振袖を合わせてみました。「竹田庄九郎」は有松絞の創始者とされる人物ですが、竹田嘉兵衛商店のブランドでもあります。普通の疋田は木綿の糸で4巻きして絞りますが、絹糸で7~8あるいはそれ以上巻いて絞ったものが有り、それを本疋田といいます。中心のポチが小さくて生地の凹凸が大きいのが特長です。

黒白の無彩色の着物に多色の帯の組み合わせです。

スポンサーサイト
[ 2016/01/11 ] 帯合わせ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shirokiyagofukuten.blog.fc2.com/tb.php/889-ca772415