2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

千切屋治兵衛の訪問着(制作は中井淳夫)の帯合わせ

第三千二百五十五回目は、千切屋治兵衛の訪問着(制作は中井淳夫)の帯合わせです。

今回は、存在感のある訪問着に対する帯合わせの例です。さすがに、たとえ龍村と言っても名古屋帯というわけにはいかないですから、全て袋帯で合わせます。

IMG_73691.jpg
いちばん上の写真は、梅垣の袋帯「蒔絵花鳥文」を合わせてみました。蒔絵の意匠に取材した作品で、梅垣の帯の中でも最高ランクの作品です。もともと梅垣というブランドは、主に銀座のきしやで扱っており、高級ブランドのイメージがありました。今回は、高級感や存在感でいちばん合う帯として選んでみました。

IMG_73911.jpg
写真2番目は、織悦の袋帯「彩悦錦立沸遠山文」を合わせてみました。唐織のように浮かせた絵緯糸で模様を表現した「彩悦錦」シリーズの1本です。濁りの無い色、モダンな雰囲気の帯で、重厚な雰囲気の着物とは違いますが、雲と遠山という組み合わせで選んでみました。

IMG_73741.jpg
写真3番目は、龍村の袋帯「海音光映錦」を合わせてみました。龍村の中でも高級バージョンですね。着物の雲形に対して、帯は海の波という「空海」みたいな雄大な組み合わせです。帯にも重厚感があるのでバランスが取れていますね。

IMG_73871.jpg
写真4番目は、じゅらくの袋帯を合わせてみました。じゅらくの帯といえば、昭和40年代の一流品で、その後は一般的には一流品ではあるが、一般的過ぎて、着物好きがわざわざ欲しがるものではないというイメージがありますね。これは山鹿清華のライセンス商品で、じゅらくの商品ですが別格です。

私が見るかぎり、本人作の「手織錦」と比べてそん色はないです。生産量はすごく違うのでしょうけど。同じようなイメージのブランドに「しょうざん」がありますね。しょうざんには、「徳田義三」のシリーズがありますが、それと同じような位置づけではないでしょうか。

この孔雀は飛ばなそうですが、雲と鳥の組み合わせで。
スポンサーサイト
[ 2016/01/04 ] 帯合わせ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shirokiyagofukuten.blog.fc2.com/tb.php/882-c42b2a61