2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

花也の付下げ「雪輪取りサンテチエンヌリボン」の帯合わせ

第三千二百四十六回目は、花也の付下げ「雪輪取りサンテチエンヌリボン」の帯合わせです。

今回の帯は、和風なのでしょうか、エキゾチック風なのでしょうか。外周は雪輪ですから和風ですが、中身はサンテチエンヌリボンですからエキゾティック風ですね。帯はどちらに合わせればいいのか、と考えれば、答えは1つ、どちらでもいい、選択肢が広いのだからありがたいということですね。

IMG_83071.jpg
いちばん上の写真は、洛風林の袋帯を合わせてみました。こういう華文は、古代にするクロードを通ってペルシアにも奈良にも伝わったものでしょう。エキゾチックというか、人類に最も愛された模様の1つということでユニバーサルですね。

IMG_83061.jpg
写真2番目は、華陽の綴の袋帯を合わせてみました。華陽はすでに廃業しています。廃業直後は一部のネットショップに安く出たこともありますが、もうそれも尽きて元の高級帯に戻ったようです。作風は、地は綴れ組織、模様は絵緯糸によるもので、模様部分だけ裏に渡り糸があります。

花鳥がテーマですが、自然の風景ではなく屏風の絵という設定になっています。ドラマで言えば劇中劇ですね。模様が類型的過ぎてつまらないと思うとき、一ひねりするために使う技法ではないでしょうか。

IMG_83081.jpg
写真3番目は、大西の袋帯を合わせてみました。象ということでエキゾチック風の代表ですね。ただしこの作品のオリジナルは、正倉院の御物である「臈纈屏風」ですから日本の美術史に含まれるものです。聖武天皇の時代はエキゾティズムの時代ですね。

IMG_83051.jpg
写真4番目は、華陽の綴の袋帯を合わせてみました。テーマは文箱で、四角いものの代表として丸い雪輪に対峙させてみました。、

IMG_83041.jpg
写真5番目は、捨松の袋帯を合わせてみました。桃は和風でしょうか、エキゾティックでしょうか。あえて言うなら、西王母伝説に関係するので中国風ですね。
スポンサーサイト
[ 2015/12/26 ] 帯合わせ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shirokiyagofukuten.blog.fc2.com/tb.php/873-c97e73f3