2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

花也の付下げ「雪輪取りサンテチエンヌリボン」の帯合わせ

第三千二百四十五回目は、花也の付下げ「雪輪取りサンテチエンヌリボン」の帯合わせです。

今回の着物は、雪輪のモチーフを繰り返すだけの意匠です。雪輪は丸紋みたいなものですから、帯は対照的な直線であるべきでしょうか、それとも同じ丸紋でも良いのでしょうか。

IMG_82981.jpg
いちばん上の写真は、龍村の間道の袋帯「郁芳間道」を合わせてみました。着物が雪輪で丸いモチーフですから、直線である間道を合わせてみました。色は紺で、水色である着物に対して同系色濃淡ですから、すっきりしています。

IMG_83031.jpg
写真2番目は、龍村の間道の袋帯「甲比丹縞格子」を合わせてみました。東インド会社からの超高級輸入品であるモールに取材した帯です。インドやペルシアの金糸は、薄い金の板を芯糸に巻き付けたものということですから、金箔を和紙に貼って裁断して芯糸に巻き付けた日本の金糸より、金を大量に使っているのではないかと思います。

実物は誰でも東京国立博物館で見られますが、触ったりライトスコープで見たりはできないので、どの程度の金なのかわかりません。いつか確認したいと思っていますが、知り合いに持ってる人なんていないですしね。

IMG_82991.jpg
写真3番目は織悦の袋帯「若松」を合わせてみました。丸紋である雪輪と対照的な、真っ直ぐ伸びる意匠として若松を選んでみました。

IMG_83021.jpg
写真4番目は、河合康幸の袋帯「四季花の丸」を合わせてみました。「河合康幸」というロゴの入った袋帯は、河合美術織物の弟さんということです。西陣の証紙番号を持つブランドには本家分家の関係にあるものが結構ありますね。1000番以上の新しいと思われる織屋も、たいていは2桁番号ぐらいの老舗の分家ですね。

花の丸と雪輪で、丸紋どうしの組み合わせになります。気が利かないということになるのでしょうか、シンクロ的な美を狙ったということになるのでしょうか。
スポンサーサイト
[ 2015/12/25 ] 帯合わせ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shirokiyagofukuten.blog.fc2.com/tb.php/872-1457f808