2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

花也の付下げ「雪輪取りサンテチエンヌリボン」の細部

第三千二百四十四回目は、花也の付下げ「雪輪取りサンテチエンヌリボン」の細部です。

今日は昨日の続きで、前姿のそれぞれの模様の近接と、下前の模様です。

IMG_80431.jpg
いちばん上の写真は、前姿の一部で、マエミの近接です。雪輪の輪郭は、青い色ではっきり太い輪郭があるものと、防染だけのものがあり、遠近感を生んでいます。また、模様もふんだんに刺繍があるものと金描きだけのものが有ってメリハリがあります。この作品は雪輪の取り方の模様だけで単調ですから、このような強弱が付けてあるんですね。

IMG_80481.jpg
写真2番目は、前姿の一部で、オクミの近接です。防染だけの輪郭の外側にさらに白い糸目の線を付けています。これで雪輪の輪郭は3段階ですね。

IMG_80441.jpg
写真3番目は、前姿の一部で、マエミの近接です。いちばん上の写真と同じく、模様と輪郭でメリハリを付けた2つの雪輪が並んでいます。いちばん上の写真では重なっていますが、ここでは重なっていないですね。

IMG_80511.jpg
写真4番目は、下前の模様の近接です。世間には見えない自分だけが満足する位置にある模様です。友禅の意匠では、たいてい簡略的な模様を付けますね。
スポンサーサイト
[ 2015/12/24 ] 繍箔 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shirokiyagofukuten.blog.fc2.com/tb.php/871-ca9e2fc8