花也の地紋を生かした付下げの帯合わせ

第三千二百四十二回目は、花也の地紋を生かした付下げの帯合わせです。

今日でこの着物の帯合わせは最後にします。最後は使い残しの画像です。

IMG_82431.jpg
いちばん上の写真は、洛風林の袋帯「印度七宝文」を合わせてみました。白地にピンクと薄紫の模様の帯です。この着物と帯の組み合わせは、どちらも洗練されすぎてだんだん透明になってしまうような雰囲気です。

IMG_82381.jpg
写真2番目は、紫絋の袋帯「天平臈纈文」を合わせてみました。タイトルは「臈纈」ですが、実際には刺繍や挟纈など天平時代のあらゆる技法で表現された意匠が含まれています。この帯は、たいていの着物に合う使い勝手の良い帯です。

IMG_82441.jpg
写真3番目は、洛風林風の袋帯を合わせてみました。洛風林というのは、西陣の帯のブランドの中でも最も創作的なものの1つですが、洛風林自体は証紙番号を持たず問屋的な位置づけです。実際の制作は「洛風林同人」と称する複数の織屋によって行われるため、昔から、「本来洛風林ブランドで売るべきだったが、たまたま流出した、実質的には洛風林」なんていうものがありました。

ほんとうにそういうものもあったでしょうし、単に問屋のセールストークであったものあったでしょう。この帯もそのような1本で、そう信じても良いような手織りのとても良い帯です。安くはなかったのですが、私があえて仕入れたのは、関東人には好まれそうにない濃厚な色だったからです。妙に新鮮だったんですよね。

IMG_82341.jpg
写真4番目は、織悦の袋帯「業平菱」を合わせてみました。上の帯合わせを意識して、色も模様もすっきりしてみました。淡い色に濃厚な色を合わせる帯合わせが可能ならば、淡い色どうしの帯合わせもまた可能なはず。帯合わせには「逆もまた真なり」ということがよくあります。

IMG_82301.jpg
写真5番目は、龍村の絽の袋帯「彩簾」を合わせてみました。厚手ではないですが、とてもしっかりした生地で、単衣にも向いていますので、単衣に仕立てたと想定し夏帯を合わせてみました。龍村の夏帯は組織としては絽なのですがかなり地厚で、単衣でちょうど良いぐらいの感じですね。

模様は簾がモチーフですが、簾というのは模様としては実質的には間道でもありますね。
スポンサーサイト
[ 2015/12/22 ] 帯合わせ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shirokiyagofukuten.blog.fc2.com/tb.php/869-a3f0e6c6