斉藤頴、光司兄弟の舘山唐桟の帯合わせ

第三千二百三十回目は、斉藤頴、光司兄弟の舘山唐桟の帯合わせです。

今日は、友禅の染め帯を合わせてみました。

IMG_71741.jpg
いちばん上の写真は、野口の友禅の名古屋帯を合わせてみました。野口の友禅と言いうのは、何を描いても明るさや遊びという要素がありますね。色は青系で同系色の組み合わせですが、遊びの無い直線の縞に対し、遊びを加える感じになりました。

IMG_87321.jpg
写真2番目は、秀雅の染めの名古屋帯を合わせてみました。色数を増やさず、直線に曲線という形を加える帯合わせです。

IMG_87331.jpg
写真3番目は、花也の友禅の名古屋帯を合わせてみました。「輪繋ぎ」というタイトルの作品です。着物の縞の直線模様に対して、帯の模様の丸が対照的と言う発想です。

IMG_86751.jpg
写真4番目は、菱一で仕入れた友禅の名古屋帯を合わせてみました。実際に制作したのは千田工房ということですが、私は詳細は知らないです。着物の縞の直線模様に対して、帯の模様の曲線の凹凸や濃淡が対照的で良いんじゃないかと思います。

IMG_87341.jpg
写真5番目は、加賀友禅作家、中町博志の友禅の名古屋帯を合わせてみました。「砕」というタイトルの、かなり大胆な意匠の帯です。どこが大胆かといえば、ちゃんと着付けをしても着崩れて見えてしまうし、着崩れてもばれないことですね。ちゃんとした建物の壁画として崩れていく建物を描いたジュリオロマーニの発想に似ています。マニエリスム的発想ということですね。

格子柄の帯を締める時、ちょっとでも斜めになると、格子の線とずれるからすごく気になってしまいます。そういう経験のある方には、ありがたいデザインということになるのではないでしょうか。今回選んだのは、崩れていくブロックの中の模様が縞に見えて、着物の模様にリンクするからです。
スポンサーサイト
[ 2015/12/10 ] 帯合わせ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shirokiyagofukuten.blog.fc2.com/tb.php/857-dedeb9c5