斉藤頴、光司兄弟の舘山唐桟の帯合わせ

第三千二百二十五回目は、斉藤頴、光司兄弟の舘山唐桟の帯合わせです。

今日は、藤井絞の辻が花写しの帯を合わせてみました。いずれも玉紬地の帯で、袷の着物に合わせる帯として使っても良いですが、単衣の着物に合わせるとよりぴったりしますね。木綿の着物は、袷でも単衣でも良いですが、単衣で仕立てる人の方が多いでしょう。袷で仕立てるばあいは、裏地も木綿にすると思いですし、裏地を正絹にするとアフターケアは正絹の着物と同じになりますから、木綿のメリットである「水洗いでさっぱり」というのができなくなります。

IMG_71491.jpg
いちばん上の写真は、六通の辻が花写しの帯と合わせてみました。辻が花のような手絞りと描き絵の帯は、加工の面積比でコストが上がってしまいますから、あまり見えないところにもお金を払う六通はコスパが悪いです。展示会場で飾ったりするときは綺麗で良いんでしょうけどね。実際に、反物を解きながら見るととても美しい作品なので、呉服屋の店頭にはありがたい作品です。鋭角の絞りなど、技法的にも見どころが多いですし、描き絵もとても上手です。

IMG_71511.jpg
写真2番目は、絞りも描き絵も両方見せる、商品としては売れ筋の辻が花の様式です。

IMG_71521.jpg
写真3番目は、松坂屋コレクションにあるものを意識して作ったものでしょうか。蔦の葉の形も綺麗に絞っていますし、鋭角の絞りや疋田など見どころもあり、辻が花の技法の最盛期の作品の写しですね。

IMG_71541.jpg
写真4番目は、絞りだけの辻が花で、瑞泉寺裂とよばれる瑞泉寺に伝わる裂を写したものです。瑞泉寺は秀次の妻子の菩提を弔う寺ですが、この裂は江戸時代に入手したものということなので怨念はありません。

IMG_71561.jpg
写真4番目は、先日大城広四郎の琉球絣でも使いましたが、波と千鳥を絞りだけで表した辻が花です。
スポンサーサイト
[ 2015/12/05 ] 帯合わせ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shirokiyagofukuten.blog.fc2.com/tb.php/852-4b1c8995