2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12

大城広四郎の琉球絣の帯合わせ

第三千二百二十二回目は、大城広四郎の琉球絣の帯合わせです。

今日は龍村の袋帯を合わせてみます。龍村の袋帯といえばフォーマルのイメージですが、紬に合わせるシリーズも制作されています。結城紬のように上質だが地味で着物好き以外の人には気が付いてもらえない、という着物に合わせるといいと思います。また作家モノの創作織物に合わせるのも良いですね。作家モノの織物の着物に、作家モノの織物の帯を合わせると、全身グッチの人みたいになってしまいますが、個人の創作に伝統ブランドを合わせると着ている人の知識の幅が広く見えます。

IMG_86601.jpg
いちばん上の写真は、龍村の袋帯「波兎遊跳文」を合わせてみました。付下げぐらいには使ってもいいと思いますが、洒脱なデザイン、金糸を使っていないこと、などから紬でもいいと思います。

IMG_86701.jpg
写真2番目は、龍村の袋帯「印度煌花文」を合わせてみました。これは紬の着物に合わせることを想定したバージョンです。帯の地の糸が紬風です。

IMG_86581.jpg
写真3番目は、龍村の袋帯「甲比丹縞格子」を合わせてみました。近世に東インド会社経由で日本に輸入された名物裂は、木綿の縞とともにモールがあります。モールは金糸を使ったもので、マハラジャが使うようなものでしょう。

日本の金糸は、金箔を和紙に貼りそれを細く裁断したものですが、インドの金糸は金自体を細い板に延ばしたもののはずですから、木綿の縞とは比べ物にならない高級品だと思います。私もじつは本物を確認したことが無くて(東博の東洋館ではモールは見られるが、ルーペでは見られない)、いつか見たいと思っています。

これはモールをイメージしたもので、格子の中に金糸の模様も入っていますが、もちろん日本流の金糸で、金の延べ板が糸になっているわけではありません。

IMG_86521.jpg
写真4番目は、龍村の袋帯「西域舞踊錦」を合わせてみました。この帯は、私は普段はフォーマルの帯合わせに使っていますが、紬にも使える雰囲気ですね。
スポンサーサイト
[ 2015/12/02 ] 帯合わせ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shirokiyagofukuten.blog.fc2.com/tb.php/849-08a13b2a