大城広四郎の琉球絣の帯合わせ

第三千二百二十一回目は、大城広四郎の琉球絣の帯合わせです。

今日は伝統工芸品であるこの絣の着物に対し、同じく伝統工芸品の帯を合わせてみます。

IMG_86781.jpg
いちばん上の写真は、読谷花織の名古屋帯を合わせてみました。沖縄モノどうしの帯合わせです。着物が絣なので、絣どうしを重ねないように、浮織にしてみました。「読谷山花織」という名前で、伝統工芸品として経産省に指定され、そのようなラベルが付いていますが、組織の分類上は、生地の糸が変化して紋織になる花織ではなく、生地とは別の糸を差し入れて裏に渡り糸がある浮織ですね。

平面の絣に対して立体の紋織の組み合わせで、とても相性が良いと思います。

IMG_7165.jpg
写真2番目は、川平織の名古屋帯を合わせてみました。川平織を始めた深石美穂さんは東京出身ですが、沖縄の織物の技法のほとんどすべてに習熟していて、手結でもロートンでも何でも織れてしまいます。この作品は経絣によるものです。絣どうしを重ねるのは避けるべきと思いますが、絣の大きさも形も雰囲気もすごく違いますので試してみました。

IMG_86981.jpg
写真3番目は、玉那覇有公の紅型の名古屋帯を合わせてみました。沖縄どうしを合わせるという趣旨で、紅型も試してみました。紅型は着物は帯合わせが難しく厄介なところもありますが、帯はたいていの紬に合ってとても便利なものです。コレクション的な発想で紅型も1点欲しいという方は、帯を買うと良いですね。.

IMG_87031.jpg
写真4番目は、秋山真和の花織の袋帯を合わせてみました。秋山真和さんは宮崎県の作家ですが、父親は本土から沖縄に赴任し、そのまま沖縄織物の作家になった人で、もともと沖縄に縁のある人です。技法的には花織で、沖縄の海をイメージしたような青のグラデーションです。いかにも作家モノらしいセンスだと思います。

IMG_86871.jpg
写真5番目は、林宗平の塩沢紬の名古屋帯を合わせてみました。塩沢紬ですが、沖縄的なヤシラミというパターンで織られています。
スポンサーサイト
[ 2015/12/01 ] 帯合わせ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shirokiyagofukuten.blog.fc2.com/tb.php/848-8367f34d