大城広四郎の琉球絣

第三千二百七十八回目の作品として、大城広四郎の琉球絣を紹介します。

反物の端の「本場琉球」という文字が織り込んでありますが、その真ん中に○の中に「コ」の文字があります。それが大城広四郎織物工場のマークです。大城広四郎さんの工房は南風原にありますが、今は代が替わって息子さんが運営しています。

制作年代によって複数のラベルがあるので、だいたいの制作年代は分るのですが、この作品は残念ながらラベルが失われており正確にはわかりません。しかし、ラベルが失われていること自体、かなり古いものだと推測されます。

生地は紬というよりさらっとした絹の手触りです。

IMG_67701.jpg
いちばん上の写真は、反物の幅を写真の幅として撮ったものです。 模様は格子(沖縄ではグバン(碁盤)ですね)のように見えますが、よく見ると四角形が重なる図案です。四角形が重なるパターンも伝統的な模様単位にあるのでしょうか。

四角形の中に白い4つ玉、四角形の間に黄色い1つの玉があります。4つ玉は「鍋敷」という意味もあるそうですが、4つ玉も1つ玉もまた伝統ある模様単位かもしれません。

IMG_67711.jpg
写真2番目は、近接です。四角形はちゃんとした形ではなく、走り書きのような洒脱なタッチです。4つ玉の1つ玉も微妙にずれていて形がさまざまです。そこがまさに作品の意義で、正確な四角と点では安物の機械織りみたいに見えてしまうでしょうね。正確な四角形ではなく洒脱なタッチにすることに手間をかけているんだろうと思います。

色は藍染でしょうが、青ではなくちょっと緑がかって見えます。それもまたこの作品の特長ですね。黄色い玉ともよく調和しています。

IMG_67741.jpg
写真3番目は、絣が交わる部分の拡大です。緑がかった不思議な色は、経糸、緯糸で違う2色の藍色から生じていたことがわかります。こうすると、緑がかって見えるんでしょうか、不思議ですね。

IMG_67751.jpg
写真4番目は、4つの白い玉の絣の拡大です。絣の微妙なズレが洒脱な形を生んでいます。自然体に見えますが、作者はそういうことをちゃんと計算しているんですよね。

IMG_67761.jpg
写真5番目は、1つの黄色い玉の絣の拡大です。黄色い玉の形の絣の周囲がちょっと緑に見えますね。藍と黄色が重なって生じたのでしょう。手括りの絣のうれしい証拠です。でもそれもまた作者の計算かもしれません。
スポンサーサイト
[ 2015/11/28 ] 各地の絣・紬 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shirokiyagofukuten.blog.fc2.com/tb.php/845-8f92b457