2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

花也の付下げ「サンテティエンヌリボン」の帯合わせ

第三千二百七十五回目は、花也の付下げ「サンテティエンヌリボン」の帯合わせです。

昨日は着物がサンテティエンヌリボンということを意識して、エキゾティック系の袋帯を合わせてみましたが、着物と帯の模様の関係は国籍を合わせないといけないというわけではないでしょう。今日は日本的な模様を合わせてみます。

IMG_66471.jpg
いちばん上の写真は、洛風林の亀甲模様の袋帯を合わせてみました。実際に織ったのは、当時洛風林同人だった帯屋捨松です。日本の伝統文様の基本である亀甲が並んでいるだけですし、亀甲模様が特にお洒落とも思いませんが、洛風林がつくるとお洒落に見えてしまいます。

IMG_66441.jpg
写真2番目は、織悦の龍田川の袋帯を合わせてみました。黒地と辛子色地に組み合わせは綺麗ですね。小物の刺繍の模様は小付けですが、帯の模様の楓は大きいです。

IMG_66391.jpg
写真3番目は、織悦の籠目の袋帯を合わせてみました。帯は金地ですが、着物の辛子色とは光るか光らないかの違いで、実質同系色ですね。模様は多彩ですが、模様本来の色は緯糸だけで経糸は地の組織に白色です。そのため色が全て中間色で優しい雰囲気になっています。

IMG_66401.jpg
写真4番目は、織悦の琳派の秋草模様の袋帯を合わせてみました。着物の辛子色に対して白地を合わせてみました。模様は多色で、優しくもくっきりした配色です。これまでのところ、和様の模様でも違和感はないですね、模様の意味よりも色の方が大事だからかもしれません。洋物は洋物しか合わせないという発想より、和洋混ぜて自分の世界を作った方が面白いですね。

IMG_85731.jpg
写真5番目は、帯屋捨松の桃の袋帯を合わせてみました。桃の模様は中国の西王母を連想させますから、神仙思想に基づくものかと思いますが、日本の伝統文様といっても起源が中国というのはたくさんありますね。黒の引き箔地に紅い桃という意匠ですね。
スポンサーサイト
[ 2015/11/25 ] 帯合わせ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shirokiyagofukuten.blog.fc2.com/tb.php/842-4edf3f6a