2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12

龍村の袋帯「清風間道」の帯合わせ

第三千二百六十二回目は、龍村の袋帯「清風間道」の帯合わせです。

今日は紬を合わせてみます。

IMG_74921.jpg
いちばん上の写真は、大城永光の琉球絣に合わせてみました。沖縄伝統の模様単位を並べた真綿の紬です。同系色濃淡を意識して合わせてみました。

IMG_81581.jpg
写真2番目は、山下八百子さんの黄八丈を合わせてみました。前回の「郁芳間道」では黄色い首里織と合わせたので、今回も黄色を試してみました。

IMG_81571.jpg
写真3番目は、黄八丈(黒八丈)の細かい縞を合わせてみました。帯の間道と着物の縞が重なったばあいどうなるか試してみました。このばあいは、縞の幅がかなり違うので違和感はないですが、同じ幅だったらまずいかも。

IMG_81591.jpg
写真4番目は、みさやま紬を合わせてみました。松本市の三才山地区で横山さんという作家がつくる紬で、おもに室町の加納が扱っています。一見地味な格子のようですが、よく見ると、草木染で染められた透明で鮮やかな複数の色の細い線が格子を作っています。それが作品の深みになるとともに、作家モノらしさも感じさせます。

さて格子に対する帯合わせですが、意外に合うかなというところ。帯の間道に使われている色と同じような色が、着物の格子に隠れているからかもしれません。

IMG_81621.jpg
写真5番目は、郡上紬に合わせてみました。横段の模様ですが、段がつながらず途中で途切れているところもあるので、緯絣でもあるんですね。龍村も郡上紬もどちらも由緒正しい名品ですが、さすがにこれはダメですよね。
スポンサーサイト
[ 2015/11/12 ] 帯合わせ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shirokiyagofukuten.blog.fc2.com/tb.php/829-bd21c462