龍村の袋帯「郁芳間道」の帯合わせ

第三千二百五十四回目は、龍村の袋帯「郁芳間道」の帯合わせです。

「縞」と思えばフォーマルには使えない気もしますし、「龍村の袋帯」と思えばカジュアルには使えない気がします。しかし、中間的な性質を持ち、どっちつかずの帯というのは、使う人の知恵によってどちらにも幅広く使える帯にもなります。今回は、この帯を留袖から紬まで幅広く使いたいと思います。

今日は付下げに合わせてみます。紺とクリームの地色のうち紺を意識して、同系濃淡の寒色系の付下げを合わせてみます。

この「郁芳間道」とネーミングされた帯については、高木間道が元作品と思われますが、名物裂の本では元の色は「花と黄色」と書いてあります。「花」は藍の意味で紺、草木染で染めた黄色は時間が経って少し退色すればクリーム色だったでしょう。

IMG_74311.jpg
いちばん上の写真は、一の橋の付下げ「孔雀唐草文」と合わせてみました。実際に制作したのは倉部さんです。着物は青地に金の模様という配色で、帯の紺とクリームにつながります。一方模様の形は、丸い塊である着物の模様に対し、直線の格子である帯の模様は対照的です。色が同じで形が反対、あるいはその逆というのは、帯合わせの黄金律ではないでしょうか。

IMG_74281.jpg
写真2番目は、花也の付下げ「羊歯に華文」と合わせてみました。墨色の地色ですが、どちらかというと青みがかっていますので、同系色濃淡の仲間として選んでみました。着物の意匠は、安田様式ともいうべき、線描きの羊歯と濃厚な友禅の華文を合わせたものです。着物でお腹いっぱいなので、もうこれ以上意味も模様も要らないという意味で、間道も良いと思います。

IMG_74321.jpg
写真3番目は、花也の付下げ「波に千鳥」と合わせてみました。波と千鳥という言う慣用句のような模様は、それ自体完成しすぎていて、帯で模様を追加すると蛇足になりがちです。そういう時は間道という手もありますね。

IMG_74071.jpg
写真4番目は、千切屋治兵衛の付下げ「波」と合わせてみました。実際の制作したのは中井淳夫さんです。波だけの模様ですが、中井作品だけあって、深紅の波頭など手強いところもあります。触らぬ神に祟りなし、ということで、意味を加えないように間道の帯を。

IMG_74081.jpg
写真5番目は、花也の付下げ「市松取り桜」と合わせてみました。桜と間道、そういうの良いと思いませんか。それだけ言いたい帯合わせです。
スポンサーサイト
[ 2015/11/04 ] 帯合わせ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shirokiyagofukuten.blog.fc2.com/tb.php/821-9811c070