2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

龍村の袋帯「郁芳間道」

第三千二百五十二回目の作品として、龍村の袋帯「郁芳間道」を紹介します。

私の大好きな龍村の間道です。縞というのは錦や絣のように模様を織り出すことはないですから、組織が単純で、素材や技法にこだわらなければ安く織ることもできるでしょう。また、江戸時代のカジュアルである粋な木綿の縞のイメージもありますから、なんとなくフォーマルに使いづらい気もします。

ただ、龍村の間道だけは、龍村というブランドの高級感のおかげで、気持ち良く留袖や訪問着に使えます。それが私が龍村の間道が好きな理由です。

IMG_63751.jpg
いちばん上の写真は、帯の幅を写真の幅として撮ってみました。

IMG_63761.jpg
写真2番目は、帯の全体です。

IMG_63781.jpg
写真3番目は、近接です。

IMG_63731.jpg
写真4番目は、タイトル部分です。
スポンサーサイト
[ 2015/11/02 ] 西陣・綴 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shirokiyagofukuten.blog.fc2.com/tb.php/819-972276c0