2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

千切屋治兵衛の着尺の帯合わせ

第三千二百四十七回目は、千切屋治兵衛の着尺の帯合わせです。

IMG_70621.jpg
いちばん上の写真は、龍村の光波帯「日野間道」を合わせてみました。名物裂の日野間道は東京国立博物館にあって、間道というより段文みたいな裂です。日野肩衝の仕覆に使われていたのでこの名があります。龍村では、高島屋で販売する平蔵ブランドの袋帯とこの光波帯の2種類が販売されています。値段は全然違いますが、色はほぼ同じ、意匠は平蔵ブランドの方がジグザグが大きいかなあ。

IMG_70651.jpg
写真2番目は、龍村の光波帯「円文白虎朱雀文」を合わせてみました。法隆寺に伝来(東京国立博物館法隆寺館)する蜀江小幡に使われている裂に取材したものです。蜀江小幡は3種類の裂で出来ていて、これは幡の本体に使われている裂です。法隆寺裂ですから飛鳥時代のもので。正倉院裂より古いものです。様式はササン朝の雰囲気ですよね。、


IMG_70821.jpg
写真3番目は、龍村の光波帯「花鳥梅花文錦」を合わせてみました。正倉院裂としては後期のもの、そして日本国内で制作されたものと言われます。それはなんとなく和様の雰囲気があること、遺品の数が多いということからのようです。龍村の正倉院裂のシリーズとしても人気で、龍村裂の代表のように使われていますね。色も何種類かありますが、これはいちばん地味なのでは。

IMG_70721.jpg
写真4番目は、龍村の光波帯「太子菱繋文錦」を合わせてみました。色彩がモダンに変更されているので、ちょっと見ただけだと気が付かないですが、法隆寺に伝来(東京国立博物館法隆寺館)する蜀江小幡に使われている裂に取材したものです。

IMG_70811.jpg
写真5番目は、龍村の光波帯「遠州七宝」を合わせてみました。龍村のネーミングは「遠州七宝」ですが、一般名は「遠州緞子」です。わざわざオリジナルの商品名を付けるのは、商標登録のためでしょうか。遠州七宝は、経錦ではなく絵緯糸で模様を表現するタイプの帯のため、少し値段が高いです。

今日の帯合わせでは、地味派手具合を考えても、この遠州七宝がいちばん合っているように思います。
スポンサーサイト
[ 2015/10/28 ] 帯合わせ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shirokiyagofukuten.blog.fc2.com/tb.php/814-da9a06e8