奥順のシルクウールの帯合わせ

第三千二百四十一回目は、奥順のシルクウールの帯合わせです。

カジュアルの織物に対する帯合わせです。ウールはカジュアルな着物だからカジュアルな帯を合わせるという発想もありますし、ウールの着物と言ってもシルクウールだから、フォーマルな帯を締めてフォーマルっぽい着こなしができるという発想もあります。どちらも試してみたいですね。また、結城縮のウールバージョンと考えれば、結城縮のように単衣で着たらかっこいいのではないかとも思います。

今回は、まず染の名古屋帯で試してみます。

IMG_72931.jpg
いちばん上の写真は、藤井絞の辻が花写しの名古屋帯を合わせてみました。野趣のある玉紬の生地に染められ、単衣用としても夏用としても使えそうです。絞りの技法としては菱形の鋭角の部分も綺麗に絞っていますし、蔦の葉の形も上手に表現しているので、難易度の高い技に挑戦して成功している作品だと思います。

しかも模様に色がついていますから、地の部分を絞ってフィルムでカバーしているんでしょうね。絞っても染液に浸けない空絞りではないということなので、パズルを解くような絞り方をしているはずです。

IMG_73001.jpg
写真2番目は、加賀友禅作家、高平良隆さんの素描の名古屋帯を合わせてみました。玉紬の生地に、加賀友禅の作家が、本業の友禅ではなく、筆で描いた絵を帯にしたものです。

友禅作家というのは、子供の時から友禅作家になりたかったという人は稀ではないでしょうか。たいていの人は画家になりたくて美大に行き、純粋な芸術家である画家では生活できないということで、多少妥協して友禅作家になるものだと思います。だから、こういうものがありえるんですね。

当店にはこの人の本業の友禅作品もありますが、陰影や濃淡のつけ方が友禅の時とは全く違うので、友禅作家の余技というより、本当は画家になりたかったように見えますね。こういう作品は、すごく有名作家のものでないと意味がないですが、高平さんは石川県の重要無形文化財でもあるので、持って意味が有るのではないかと思います。

IMG_73021.jpg
写真3番目は、千切屋治兵衛の友禅の名古屋帯を合わせてみました。実際に制作したのは藤岡さんで、糸目は糊糸目、生地は玉紬、テーマ的に9月には合わないですから前半だけの単衣用ですね。

IMG_73091.jpg
写真4番目は、千切屋治兵衛の名古屋帯を合わせてみました。パイナップルの繊維で織った生地を使ったもので、しっかりしている割に薄い生地です。木の繊維で作る生地ですから、日本で言えば、葛布、シナ、芭蕉布の仲間ですね。色は2色あって、型染風のデザインですが、2点とも少しずつ形が違うので、型染ではなく筒描きのようです。

IMG_73111.jpg
写真5番目は、千切屋治兵衛の名古屋帯を合わせてみました。上と同じものの黄色バージョン。作者は不明だが、千切屋治兵衛の下職にはこんな人はいないので、たまたま企画したものか。
スポンサーサイト
[ 2015/10/22 ] 帯合わせ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shirokiyagofukuten.blog.fc2.com/tb.php/808-14e1a61e