紫絋の袋帯「グリーンリーフ」の帯合わせ

第三千二百十五回目は、紫絋の袋帯「グリーンリーフ」の帯合わせです。

今日は着尺(小紋)を合わせてみました。このような個性の強い帯は、無地、縞、格子あるいは江戸小紋なら必ず合います。しかしそれは、一方的に話をして他人に嫌われている人が、「私は無口な人となら話が合う」と言っているようなもので、試してもしかたがありませんから、それ以外のものにチャレンジします。

IMG_72421.jpg
いちばん上の写真は、野口の着尺の格子を合わせてみました。1回だけ、基本の帯合わせをしてみます。地味な色の格子に見えますが、この格子は、北斎の美人画に登場する着物とよく似ています。だから地味なのではなく、江戸の粋なんですね。北斎の絵でも艶っぽい女性が着ています。

IMG_72461.jpg
写真2番目は、野口の着尺の更紗を合わせてみました。多色で総柄のしつこい更紗です。模様の構成が縞になっているので、縞更紗ですね。たいていの帯が合わない厄介な着物ですが、この帯合わせは上手く行っているように見えます。しつこい着物の帯合わせには、模様自体に存在感があって、模様の周囲に余白がある帯が良いのだと思います。

IMG_72821.jpg
写真3番目は、千切屋治兵衛の着尺の雪輪を合わせてみました。朱色を含む明るい色ながら色数は少なく、模様は多いが余白もある、こういう着物は、仕立て易く、着易く、帯合わせもしやすいものです。

IMG_72601.jpg
写真4番目は、野口の着尺の意匠化された花模様を合わせてみました。多色のかわいらしい着尺です。帯が葉だけなので、花を加える気持ちで合わせてみました。

IMG_72551.jpg
写真5番目は、野口の着尺の更紗を合わせてみました。モリスのデザインも更紗の仲間のような気もしますし、色も緑系の濃淡ですから、着物と帯が模様の意味も色目も似ているということになりますね。いくらなんでもそれでは合わないだろうと思うのですが、どうでしょうか。意外と大丈夫?
スポンサーサイト
[ 2015/09/26 ] 帯合わせ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shirokiyagofukuten.blog.fc2.com/tb.php/782-bbf26488