2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12

紫絋の袋帯「グリーンリーフ」(ウィリアム・モリスシリーズ)

第三千二百十二回目の作品として、紫絋の袋帯「グリーンリーフ」を紹介します。ウィリアム・モリスシリーズの1本です。

紫絋のウィリアム・モリスシリーズは人気のようで、もう何年も継続しています。ウィリアム・モリスのデザインというのは更紗のようでもあり、西陣の織物と相性が良いのだろうと思います。今日はその1本です。

IMG_64691.jpg
いちばん上の写真はお太鼓です。いきなり存在感のある画面をお見せして恐縮です。明日、近接と拡大をお見せします。どんな着物が合うのか、帯合わせも気になりますね。クリスマスのパーティーにも使えそうな気もしますが・・・、どうでしょうか。

IMG_64731[
写真2番目は腹文です。モリスのデザインですから、鳥や栗鼠を持ってくることも可能だったでしょうが、ここはお太鼓のダイジェストで。

IMG_64761.jpg
写真3番目は地の近接です。地は単色ではなくムラになっていますが、空に薄雲がかかった景色に見えてきます。もっとも高い空にかかる雲は、材料になる水蒸気も少ないので、こんなふうに空の青が透けて見える気がします。

IMG_64871.jpg
写真4番目は地の拡大です。ムラのある表現は、絵や染め物ならば下手に塗ったり染めたりすればいいのですが、織物のばあいは、ちゃんとデザインして糸を配置しなければなりません。ポリエステルフィルムを絵緯糸として織り込んで、経糸で留めています。空のように見える光沢は、ポリエステルの光沢でした。ムラは、ちゃんとそのように彩色したポリエステルフィルムを配していたのでした。

IMG_64791.jpg
写真5番目は、品質表示です。絹が95%、ポリエステルフィルム3%、指定外繊維(紙)1%、レーヨン1%です。地が全てポリエステルフィルムの絵緯糸で覆われていると思うと、3%は少ない気がしますが、この%は重量による比率だからでしょうか。
スポンサーサイト
[ 2015/09/23 ] 西陣・綴 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shirokiyagofukuten.blog.fc2.com/tb.php/779-d0954d8c