2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

千總の振袖の帯合わせ

三千百八十八回目は、千總の振袖の帯合わせです。

IMG_70301.jpg
いちばん上の写真は、龍村の袋帯「立湧装耀錦」を合わせてみました。先日紹介した、万能の龍村の袋帯を合わせてみました。訪問着に使えば訪問着用、振袖に使えば振袖用にも見えますね。

IMG_70271.jpg
写真2番目は、龍村の袋帯「七宝連花錦」を合わせてみました。これはまだ紹介していない龍村の袋帯です。また後日紹介したいと思います。

IMG_70261.jpg
写真3番目は、織悦の袋帯「龍田川」を合わせてみました。赤に対して黒、補色で合わせてみました。


IMG_70241.jpg
写真4番目は、織悦の袋帯「彩雪輪」を合わせてみました。赤に赤の組み合わせです。色が同じという意外ですが、色を同じにして成功するには、せめては形を反対にする必要がありますね。この場合は、着物は草花が絡まった華やかな模様ですから、帯は雪輪が単純に並んだだけの模様にしています。

IMG_70221.jpg
写真5番目は、大匠の袋帯を合わせてみました。多色のラメのポリエステルフィルムを平金糸として限界まで盛り上げて使った織物です。素材にこだわらず、視覚効果だけを考えているわけですから、創作的な精神でつくられた作品の意義としてはもっとも芸術に近い西陣の帯ではないかと思います。

デリケートな雰囲気ですが、実際には軽くて丈夫なのではないかと思います。
スポンサーサイト
[ 2015/08/29 ] 帯合わせ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shirokiyagofukuten.blog.fc2.com/tb.php/754-3c19a1d6