2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

紫紘の袋帯「ポピー」の帯合わせ

三千百六十五回目は、紫紘の袋帯「ポピー」の帯合わせです。

今日は着尺(小紋)に合わせてみます。野口の着尺を使っています。

IMG_65481.jpg
いちばん上の写真は、野口の着尺を合わせてみました。飛び柄で模様は短冊形、短冊の中の模様は金描きの華文です。帯は花模様そのものですから、着物は花模様でない方が良いでしょう。色についても、帯は大胆ですから、着物は大人しくしてみました。模様のテーマについては、あまり和モノではない方が良いと思いますが、短冊型が多少日本的でしょうか。

IMG_67341.jpg
写真2番目は、野口の着尺を合わせてみました。飛び柄で模様は気球、色は多色です。帯の花模様に対して、着物は花模様でないし、模様のテーマについては、気球ですから和モノではないです。色については、普通は染物の方が色が淡いものですが、このばあいは帯も着物も、同じぐらい強いですね。

IMG_65491.jpg
写真3番目は、野口の着尺を合わせてみました。ほとんど花と分らないぐらいの抽象的な花文です。多色も模様ですが、染物は織物より色が淡いので、色が直接競争することはないですね。色がかわいいですから、年齢相応の人が着れば合うと思います。

IMG_67381.jpg
写真4番目は、野口の着尺を合わせてみました。濃い地色の総柄の小紋です。ロウケツのようなタッチです。昨日、焦げ茶色の久米島紬を合わせましたが、それと同じような感じになると思います。

IMG_67421.jpg
写真5番目は、野口の着尺を合わせてみました。一般には帯合わせしにくいといわれる多色のしつこい更紗です。帯合わせとしてよいか悪いか、人によって意見が異なるところだと思います。帯の模様に余白があるので、なんとか合っているのではと思います。

IMG_65441.jpg
写真6番目は、野口の着尺を合わせてみました。世間では大胆な、野口にとっては普通の横段の着尺です。野口の横段の着尺は、華やかで、ちょっと訪問着的なスペシャル感があるので、パーティー着として使われることが多いです。

ただし、帯合わせは着尺の中でいちばん難しいですね。今回は、無地の部分に帯を載せていますが、柄の部分に載ることもあります、そうなるとさらに難しいですね。
スポンサーサイト
[ 2015/08/05 ] 帯合わせ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shirokiyagofukuten.blog.fc2.com/tb.php/730-6b5a5a0a