大羊居の付下げ「菱取華文」の帯合わせ

三千百五十九回目は、大羊居の付下げ「菱取華文」の帯合わせです。

今日は龍村の名古屋帯で合わせてみました。

IMG_61331.jpg
いちばん上の写真は、龍村の名古屋帯「印金牡丹唐草文」を合わせてみました。龍村の丸帯や袋帯ではとても有名ですが、名古屋帯でもあります。とてもフォーマルな雰囲気なので、名古屋帯として出番があるか、悩むところです。まあこういう時はちょうど良いですね。

名物裂の「印金」は生地に金箔を貼りつけたもので、日本の摺箔に似たものです。摺箔の方が金箔が薄く衣装に向いています。印金は金箔が厚く豪華ですが、衣服のように自由に動いて折りたたまないといけないものには向かず、仏具など使われていました。一方、金糸を織り込んで模様表現をするのは「金襴」です。龍村の「印金牡丹唐草文」は織物ですから金襴ですが、意匠は名物裂の「印金」に取材しているので、タイトルは「印金…文」となっています。

IMG_61351.jpg
写真2番目は、龍村の名古屋帯「花韻」を合わせてみました。「花が発する音」というような意味の作品でしょうか。花の模様から音波のような孤の形の模様が出ています。オレンジや緑を使った、とてもきれいな作品ですね。

IMG_61411.jpg
写真3番目は、龍村の名古屋帯「シャンパシーン」を合わせてみました。タイをテーマにした作品展のときに発表されたものです。一見、とても合うように思いますが、菱形が重なりますね。気にしなければ構わないですが、意外な陥穽があるものです。

IMG_61341.jpg
写真4番目は、龍村の名古屋帯「双鳥繍文」を合わせてみました。花鳥画の伝統にしたがって、花の着物には鳥の帯を合わせてみました。「・・・繍文」というタイトルから、元絵が刺繍作品であることがわかります。織物を元にした織物作品には、織物らしい繰り返し的なパターンがありますが、刺繍を元にした織物作品は、図案が自由で織物的でない雰囲気がありますね。

IMG_61391.jpg
写真5番目は、龍村の名古屋帯「薫雅」を合わせてみました。これは販売済みで営業的な期待に応えられませんが、花鳥画のパターンとして良く合うので、撮り置きの写真を使ってみました。正倉院に取材しているので、日本の古典でありながら大陸的なおおらかさがありますね。

IMG_61431.jpg
写真6番目は、龍村の名古屋帯「投壺矢」を合わせてみました。壺に矢を投げ入れて得点を競うゲームをテーマにしたものです。矢のような人も殺せるモチーフを扱うときは、「投壺矢」「破魔矢」「鏑矢」のようなテーマにして、殺生には関係ないということを示すのが図案のテクニックですね。ここでは純粋和モノでもOKか試してみました。
スポンサーサイト
[ 2015/07/30 ] 帯合わせ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shirokiyagofukuten.blog.fc2.com/tb.php/724-45137bff