一の橋の付下げ「正倉院螺鈿華文」の細部

三千百四十四回目は、一の橋の付下げ「正倉院螺鈿華文」の細部です。

IMG_58631.jpg
いちばん上の写真は、マエミとオクミにまたがる模様の近接です。

IMG_58721.jpg
写真2番目はさらに近接してみました。

IMG_58621.jpg
写真3番目は、マエミの下の方の模様です。

IMG_58671.jpg
写真4番目はさらに近接してみました。端正な倉部さんの作風ですが、画像がぼける限界まで近接すると、意外とハンドペイントっぽい歪みがあります。しかし、他の丸い花の形は歪んでいないので、下手で歪んでいるのではなく演出で歪んでいるんだと思います。
スポンサーサイト
[ 2015/07/15 ] 繍箔 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shirokiyagofukuten.blog.fc2.com/tb.php/709-761543d5