花也の金描きと型疋田の名古屋帯「道長取りに又造波」の帯合わせ

三千百四十二回目は、花也の金描きと型疋田の名古屋帯「道長取りに又造波」の帯合わせです。

今日は小紋に合わせてみます。染めの名古屋帯ですから、世間的には付下げより小紋に合わせる方が普通ですね。

IMG_59391.jpg
いちばん上の写真は、千切屋治兵衛の飛び柄の小紋(着尺)を合わせてみました。今いちばん普通で、帯合わせもしやすい飛び柄の小紋です。使いやすい小紋ですが、フォーマル感の強い帯と合わせることで、パーティーにも出られるような雰囲気になりますね。

IMG_59351.jpg
写真2番目は、野口の飛び柄の小紋(着尺)を合わせてみました。実際に制作したのは岡重です。手挿しの大きな模様の飛び柄です。模様が大きくなれば余白も大きくなります。しかも手挿しですから、小紋の中でも訪問着に近い着物ということになります。昨日までの付下げとの帯合わせに近いですね。

IMG_59361.jpg
写真3番目は、野口の飛び柄の小紋(着尺)を合わせてみました。実際に制作したのは岡重です。こちらも上の例に近い、菊をテーマにした着尺です。同じ時期に制作されたものです。

IMG_59371.jpg
写真4番目は、野口の総柄の小紋(着尺)を合わせてみました。総柄で多色、しかも模様も大きい、葡萄ということで季節も限定という、帯合わせの難しい要素を4つも揃えた着物です。こういう着物には、色も季節もないこういう帯しか合いませんね。総柄の訪問着のような雰囲気で、パーティー着として着たいです。

IMG_59331.jpg
写真5番目は、野口の横段の小紋(着尺)を合わせてみました。野口は横段の着物を普通に制作していますが、世間では大胆で珍しいものでもあります。横段というのは、ずらして仕立てればそれほど着にくい着物でもないですし、普通の小紋よりパーティー着っぽくていいです。ただ、帯合わせは難しいですね。こういう時、この帯は万能ですね。
スポンサーサイト
[ 2015/07/13 ] 帯合わせ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shirokiyagofukuten.blog.fc2.com/tb.php/707-629d91b8