2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

花也の単衣~夏の刺繍の名古屋帯「投取横波京変繍」の帯合わせ

三千百三十一回目は、花也の単衣~夏の刺繍の名古屋帯「投取横波京変繍」の帯合わせです。

IMG_57931.jpg
いちばん上の写真は、野口の着尺と合わせてみました。太い糸と細い糸が組合わせてあって、太い糸は格子状になっていますから、絹紅梅的な組織の生地です。「的な」というのは、細い糸がさらに絽の組織になっているからです。生地メーカーは変わり織を創作しますから、いろいろありますね。この生地は細かく見ると、紅梅なので格子状の地紋があるように見えますが、さらに四角い模様が染めてあって、さらにぼかしで市松になっているので、四角の模様が3段階にマトリョーシカしているんですね。

着物の四角い模様と、帯の波の模様は、形が対照的ですから相性がいいと思います。

IMG_57861.jpg
写真2番目は、野口の着尺と合わせてみました。草間彌生の南瓜のようなドット模様ですが、モチーフは薔薇です。青味の多い薔薇の模様で、帯とは色調が合いますね。着物の飛び柄と、帯の波の模様も、形が対照的ですから相性がいいと思います。

IMG_57811.jpg
写真3番目は、野口の着尺と合わせてみました。竹の模様で、総柄の小紋よりも、ややフォーマル感がありますね。あくまで「感」ですが。

IMG_57981.jpg
写真4番目は、野口の着尺と合わせてみました。波と植物文の組み合わせで、型疋田を多用しています。江戸時代の小袖にあるような意匠ですから、フォーマル感が強いですね。

IMG_57821.jpg
写真5番目は、千切屋治兵衛の着尺と合わせてみました。よろけ縞の着尺です。波もよろけ模様ですから、タテヨコ違いで同じ模様になってしまいそうで不安ですが、実際にはそれほどでもないかなあ。

IMG_57951.jpg
写真6番目は、野口の着尺と合わせてみました。写真2番目の着尺の色違いです。こちらは地色は焦げ茶色で、模様には暖色も。帯と色系統が反対ですが、いかがでしょうか。
スポンサーサイト
[ 2015/07/02 ] 帯合わせ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shirokiyagofukuten.blog.fc2.com/tb.php/696-cc3644c1