2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

花也の単衣から夏の染め帯の帯合わせ

三千百一回目は、花也の単衣から夏の染め帯の帯合わせです。

今日は、夏の付下げ(絽と紗)に合わせてみます。その際に考慮することは、帯が草花文なので着物は草花文を避けるということですね。しかし、着物の模様というのは圧倒的に草花文が多いわけですから、やや制約がありますね。

IMG_58531.jpg
いちばん上の写真は、千切屋治兵衛の絽の付下げ「横棒霞」を合わせてみました。実際に制作したのは、藤岡さんで糊糸目による作品です。絵画生の高い意匠の帯と、絵画性の低い意匠の着物の組み合わせです。

霞模様を横棒のように表現した意匠は、自然描写を幾何学文様にしたものですから斬新にも思えます。しかし小袖の文様としては風景模様の一部として使われているもので、それを独立させただけですね。

IMG_58491.jpg
写真2番目は、千切屋治兵衛の絽の付下げ「古鏡」を合わせてみました。「鏡裏文」といわれる文様ですね。実際に制作したのは、市川染匠で糊糸目による作品です。 草花を重ねないために器物文様にしてみました。

IMG_58511.jpg
写真3番目は、野口の絽の付下げを合わせてみました。このような例では、着物も帯も絵画性が高く、うるさい帯合わせになりがちです。今回は草花文と風景文で分かれるので、まあかろうじて、といったところでしょうか。着物の風景の大部分が海であることも救いになっていると思います。

IMG_58471.jpg
写真4番目は、千切屋治兵衛の絽の付下げ「雪輪取草花文」を合わせてみました。実際に制作したのは村田さんです。雪輪の文様は夏物にも使われます。この作品に有るような「破れ雪輪」は、春の模様という意味もあります。雪輪の中の模様は、撫子など夏のモチーフですね。

帯の模様も取り方を使ったものですが、草花は取り方を無視して自由に生えています。それに対し着物の模様は、草花がきちんと取り方に収まっています。このような差が、同じ草花文ながら共存を可能にしているのではないかと思います。

IMG_58551.jpg
写真5番目は、千切屋治兵衛の絽の付下げ「浜辺」を合わせてみました。実際に制作したのは中井亮さんです。辛子色と水色の色の対比がとてもきれいです。着物の模様は抽象的な暈し模様のようですが、じつは浜辺という具象的なテーマなんですね。綺麗な水色も単なる地色ではなく、海と空の色なんですね。
スポンサーサイト
[ 2015/06/02 ] 帯合わせ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shirokiyagofukuten.blog.fc2.com/tb.php/666-6e6dd7a0