花也の単衣から夏の染め帯の細部と拡大

三千九十九回目は、花也の単衣から夏の染め帯の細部と拡大です。

IMG_50191.jpg
いちばん上の写真は、撫子の花の近接です。

IMG_50221.jpg
写真2番目は上の写真の3つの撫子のうちの刺繍の有る花の拡大です。生地が胡粉仕上げであること、金彩の細い線はきれいですが、拡大してみると手描きの凹凸がはっきりわかって、あまりきれいなものではないということ、金糸の刺繍はすごく繊細で美しいものだということがわかりますね。

IMG_50201.jpg
写真3番目は紗のような組織の部分の拡大です。作家モノの織物みたいですが、普通に生地として織れてしまうんですね。金彩が頼りなげに乗っています。

IMG_50211.jpg
写真4番目は花織のような組織の部分の拡大です。これも作家モノの織物みたいですね。
スポンサーサイト
[ 2015/05/31 ] 友禅 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shirokiyagofukuten.blog.fc2.com/tb.php/664-52ad4913