藤井絞の女児のお宮参りの着物

三千九十七回目は、藤井絞の女児のお宮参りの着物を紹介します。

現在はお宮参りの着物は、アカチャン本舗や西松屋チェーンでも売っています。模様も型染なのでだいたい決まっていますし、サイズも同じで工場で縫製してあるのですから、販売するのに専門知識も要らず、呉服店で販売する必要もないのです。

逆に言えば、呉服店で販売するためには、チェーン店で販売できないような量産品でないものでないといけないわけです。そういうものは多くないですが、藤井絞は男児用でも女児用でもチャレンジしています。これはその一点で、全体を絞りで大きく染め分け、すべて絞りで梅、桜などを表現しています。

IMG_54411.jpg
いちばん上の写真は全体です。絞りによる半円型の大胆な染分けです。色はモダンなピンクとグレーです。

辻が花など近世以前の絞りは、帽子絞には竹の皮を被せたので、竹の円周を超える面積は桶絞りで染めました。現在は竹の皮の代わりにフィルムを使えるので、面積に制約がなくなり、本来桶絞りでしかできない大きな染分けも帽子絞りで出来るようになりました。桶絞りの職人さんは、そういうのをニセモノと言いますけどね。

IMG_54471.jpg
写真2番目は近接です。

IMG_54461.jpg
写真3番目は近接です。

IMG_54451.jpg
写真4番目はもっと近接してみました。
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shirokiyagofukuten.blog.fc2.com/tb.php/662-acf02ff0