2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

花也の付下げ「千鳥」の帯合わせ

三千九十六回目は、花也の付下げ「千鳥」の帯合わせです。

今日は染めの名古屋帯を合わせてみました。

IMG_52341.jpg
いちばん上の写真は、花也の名古屋帯「霞に羊歯文」を合わせてみました。友禅と箔と刺繍を使った作品で、技法的には中井さんがやりそうなものなので、中井系の下職を使っていると思われます。

霞の茶色の部分は、驚くほどきつい赤茶色で友禅されており、その上から金加工して茶色に見えているのです。友禅の色は全部同じですから、茶色に濃淡があるのは金加工の厚みの違いです。金色というのは派手なものですが、京友禅では色を押さえて地味にするために金を使うこともあるのです。

描かれているのは霞ですが、見方によっては上空から見た州浜にも見えます。入り組んだ海岸線と勘違いしてくれれば、千鳥の模様にとっては幸運です。

IMG_52361.jpg
写真2番目は、花也の名古屋帯「霞取りに色紙模様」を合わせてみました。霞取りの中に波があり、それが取り方になって、その中に色紙があります。さらにその中には、楓・槇・流水・蛇籠という琳派の屏風に有りそうな風景が広がっています。凝った入れ子構造が重厚な雰囲気になっているんですね。

IMG_52381.jpg
写真3番目は、加賀友禅作家百貫華峰の名古屋帯を合わせてみました。加賀友禅作家の最高峰というのは、普通は石川県無形文化財でもある加賀友禅技術保存会の正会員になることですが、百貫華峰というのは日展で入選を重ねた作家です。でも日展に出品するものと加賀友禅作家として売るものとは作風がかなり違うんですよね。私は日展の方を帯にしてみたら面白いと思うんですけどね。

着物の意匠は友禅ながら千鳥のみで、あまり絵画性は高くないですから、それを補う意味で絵画性の高い友禅の帯を合わせるのもアリかなと思います。

IMG_52401.jpg
写真4番目は、京正の名古屋帯「瑞葉」を合わせてみました。実際に制作したのは中井淳夫さんです。金と銀が境がはっきりわからないまま切り替わるような高度な金彩のテクニックを使っていて、中井さんらしい作品だと思います。西陣の袋帯に比べれば軽く見え、しかし重みもあるような、なんとなく何でも使えてしまう帯ですね。
スポンサーサイト
[ 2015/05/28 ] 帯合わせ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shirokiyagofukuten.blog.fc2.com/tb.php/661-bdd90a6f