2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

花也の染めと刺繍の帯「蹴鞠」の帯合わせ

三千八十六回目は、花也の染めと刺繍の帯「蹴鞠」の帯合わせです。

今日は染の着尺(小紋)を合わせてみます。5通り試してみますが、すべて野口の着尺を使っています。

IMG_54871.jpg
いちばん上の写真は、もっとも帯合わせしやすい飛び柄の小紋を合わせてみました。濃い紫地に飛び柄の小紋です。飛び柄の周囲がぼかしになっていて、京友禅っぽい軟らかい印象になっています。

IMG_54931.jpg
写真2番目は、これも帯合わせしやすいものとして格子柄の小紋を合わせてみました。地味な地色の格子ですが、北斎の美人画でこんな着物を着た絵があります。「地味」というより江戸の粋なのかもしれませんね。

IMG_54841.jpg
写真3番目は、縞の小紋を合わせてみました。普通は縞というのは格子と同じで合わせやすいものですが、ちょっとハードルを上げて多色のよろけ縞にしてみました。縞の地紋の生地の上に、蝋染で縞が描いてあります。いかにも手描きとわかるよろけ縞です。

IMG_54901.jpg
写真4番目は、帯合わせが難しい例として、横段の着尺を合わせてみました。一般には非常に大胆ですが、野口ではよくある横段の着尺です。帯が接する場所が、無地か模様かで雰囲気が変わります。上手く無地に接すれば帯合わせしやすいですが、必ずしもそうはいきませんしね。写真では、最悪の事態を想定し、帯の上下とも模様と接するようにしてみました。これで大丈夫なら何があっても大丈夫です。

IMG_54951.jpg
写真5番目は、色が強くて模様も大きい着尺を合わせてみました。これはもっとも帯合わせしにくい例だと思います。着物と帯のバランスとして、着物の柄や色が大人しく、帯の柄と色がはっきりしている場合は、合わせやすいと思います。おそらく面積比の問題で、面積の小さい帯が質感が強い方がバランスが取れるのでしょう。

この例は、着物の帯の色と柄が強く、帯の色と柄が大人しいパターンです。こういうのは合わせにくいですが、もし合うとしたら刺繡の立体感のおかげですね。
スポンサーサイト
[ 2015/05/18 ] 帯合わせ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shirokiyagofukuten.blog.fc2.com/tb.php/651-dcbcbbcf