一の橋の付下げ「金彩孔雀唐花」の帯合わせ

三千八十一回目は、一の橋の付下げ「金彩孔雀唐花」の帯合わせです。

今日は、「金彩孔雀唐花」の帯合わせも最後ということで、世間の人はこの帯合わせはしないだろう、というような帯合わせをしたいと思います。私は失敗した帯合わせが好きですね、世間の人がみんな笑うような帯合わせが見たいです。テレビのバラエティ番組で取り上げる人生も、たいてい失敗した人生ですしね。

IMG_4498.jpg
いちばん上の写真は、中町博志の加賀友禅の名古屋帯「重陽」を合わせてみました。菊の花というテーマは着物や帯の柄としてはありふれていますが、そんなありふれたテーマが、この作家の手にかかると見事に創作になっています。このような存在感のある作品のオーナーになるのは気持ちの良いことではありますが、どこにいても主役になってしまうので、無地や江戸小紋ぐらいにしか合わせられないという問題の当事者になることでもありますね。

たまにはこの帯合わせのように、何にも考えないでいちばん気に入っている帯と着物を合わせちゃった、というのがあっても良いのではないかと思います。

IMG_4491.jpg
写真2番目は、花也の友禅の名古屋帯を合わせてみました。花也といえば個性のある糊糸目に個性の無い彩色(というか、ほとんど白揚げ)を合わせたイメージですが、この作品は色彩豊かで輪郭線はすべて金彩で、糸目は見えないという正反対の作風です。くわ垣さん自身は「糊糸目+白揚げとわずかな色挿し」が正解と思っているわけではなく、いつも試行錯誤をしているのです。

あまり深く考えない帯合わせの例です。理屈っぽいのは飽きますからね。

IMG_4488.jpg
写真3番目は、龍村の名古屋帯「印金牡丹文」を合わせてみました。龍村といえば、だれでも思い浮かべる意匠です。振袖にもピッタリという感じがしますが、じつはこれ名古屋帯なのです。なんでこんな龍村のフォーマル文化の極致みたいな帯に名古屋帯バージョンがあるんでしょうね。重すぎる小紋や中途半端な付下げにはちょうど良いかなあというところ。

「印金」というのは名物裂の1ジャンルで、生地に金箔を貼ったものです。同じ牡丹文でも金箔を金糸にして生地に織り込んだものは「金襴」です。舶来である印金は日本の摺箔に似ています。両者の違いは、摺箔は着るのが目的の小袖に施されるので、生地の風合いが変わらないように箔が薄いのです。一方、印金は仏具などに使われ、人が着るわけではないので生地の風合いを気にする必要が無く、箔が厚いのです。

IMG_4469.jpg
写真4番目は、紫絋の袋帯「正倉院臈纈文」を合わせてみました。タイトルは「臈纈文」となっていますが、実際には他の天平の三纈や刺繍作品の意匠も含んでいます。

とても良く合っていますが、残念なところは帯にも鳥がいて、孔雀と重なることですね。模様どうしが競合するのは良くないですが、ディズニーと雪の女王みたいにダブルヒロインが当たったりするので、そういう理屈で良いことにしますか。
スポンサーサイト
[ 2015/05/13 ] 帯合わせ | TB(0) | CM(2)

あまり考え込まない帯合わせも良いですね。
私は知識がないから、いつもこれですが。
どの組合わせも素晴らしいですが、捨松の牡丹唐草のが一番好きでした。

帯留めを検索していたら、てっさい堂の孔雀の帯留め…そっくりでした。本歌はこれかも。
[ 2015/05/14 09:43 ] [ 編集 ]

見つけてくださってありがとうございます

「てっさい堂 孔雀 帯留」で検索したら、私も見ることができました。てっさい堂主人の貴道裕子さんの本に載っていたんですね。よく調べましたね、情報ありがとうございます。比較してみると、本の写真と一の橋のブローチ着物の孔雀の輪郭は、アールヌーヴォー風でよく似ています。しかしこの付下げは普通の鳥の格好に近くなっていますね。下絵師も何回も描いているうちに自分の絵になってきたんでしょうね。
[ 2015/05/14 20:30 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shirokiyagofukuten.blog.fc2.com/tb.php/646-c10e6bde