一の橋の付下げ「金彩孔雀唐花」の帯合わせ

三千七十九回目は、一の橋の付下げ「金彩孔雀唐花」の帯合わせです。

昨日は、孔雀に合わせてエキゾチックな袋帯ということで更紗をテーマにしてみましたが、エキゾチックでないと合わせられない、というものではない、ということを証明するために、今日は普通の日本のモチーフやありふれた名物裂を合わせたいと思います。

IMG_4475.jpg
いちばん上の写真は、洛風林風の袋帯を合わせてみました。洛風林の同人が洛風林を通さず出したものだろうと思います。昔は「これは実質的に洛風林ですよ」というような帯が有ったのです。松や菊がテーマの帯ですが、七宝繋ぎと亀甲が地の模様になっています。

色目がしつこいですが、こういうのは関東好みではないですが、私のような関東の人間は、たまにこういうのを見ると目新しくて惹かれてしまいます。写真を撮るときに帯を逆向きにおいていますね、まあご愛嬌で。

IMG_4481.jpg
写真2番目は、織悦の袋帯を合わせてみました。龍田川をテーマにした帯です。単純化されたモチーフの繰り返しですが、織悦の色はどんな時でも透明感が有ってきれいです。

IMG_4482.jpg
写真3番目は、織悦の袋帯を合わせてみました。亀甲を地にした枝菊文で、喜多川俵二が得意とするような有職織物のパターンですね。織悦らしい個性といえば、やはり色でしょう。地は経糸が青、緯糸が金で、意外と感じてしまうような輝き方をしています。模様は形が単純な繰り返しのわりに、色は多彩です。

IMG_4476.jpg
写真4番目は、捨松の袋帯を合わせてみました。「帯屋捨松」のロゴのない手織り高級バージョンです。もっとも有名な名物裂である牡丹唐草を太い平金糸で表現した単純な模様ですが、地が凝っていて、経糸が近世の能衣装のような〆切(絣の前史を成すような技法ですね)によるピンクと白、緯糸は非常に細く裁断された本物の引き箔です。

IMG_4484.jpg
写真5番目は、龍村の「海老殻間道」を合わせてみました。何でも合ってしまう優等性の帯ですが、それでも十分個性があります。個性がある癖に成績の良い奴って、人間だとちょっと嫌味ですね。
スポンサーサイト
[ 2015/05/11 ] 帯合わせ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shirokiyagofukuten.blog.fc2.com/tb.php/644-9060d9a5