2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

野口の夏の着尺の帯合わせ

三千七十三回目は、野口の夏の着尺の帯合わせです。

染の着尺は、合わせる帯によってフォーマル方向にしたりカジュアル方向にしたり、用途を微妙に変えることができます。今日は西陣の帯を合わせることで、フォーマル方向にしてみます。

IMG_4738.jpg
いちばん上の写真は、織悦の袋帯「菊に流水」を合わせてみました。四角い格子模様の着物に対し、丸い菊の花模様という組み合わせです。

織悦の帯の色というのは、地味な帯も派手な帯も、色にすべて透明感が有って爽やかです。上手い絵というのは、油絵でも何でも色が濁っていないものです。色彩設計が上手いんでしょうね。

IMG_4739.jpg
写真2番目は、織悦の袋帯「芒」を合わせてみました。色も模様もはっきりしない、でもなんとなく上品で涼しげ、という帯です。こういうのは使い勝手がいいですね。

IMG_4436.jpg
写真3番目は、龍村の名古屋帯「矢絣」を合わせてみました。水色の着物に、白地に紫の帯という組み合わせですが、配色はとてもきれいです。水色に紫というのは合いますね。秩序だった格子の模様の着物に対し、繰り返しパターンの帯の模様で、安定感のある帯合わせだと思います。

IMG_4448.jpg
写真4番目は、龍村の名古屋帯「彩波」を合わせてみました。この帯は、「いろは」と読ませるのでしょうね。文字から受ける印象は、私がいつか見たいと思っている「彩雲」で、その水バージョンのイメージでしょうか。

今まで白っぽい帯ばかりを合わせて来たので、黒で引き締めてみました。この模様は自由に流れているようでいて、水平方向に秩序があり、やはり秩序のある格子の着物とは安定感のある組み合わせだと思います。

IMG_4449.jpg
写真5番目は、龍村の名古屋帯「颯音」を合わせてみました。黒の引き締めパターンをやってみました。楓がモチーフですが、「颯音」というタイトルですから、テーマは音なのです。爽やかな風に乗って落ちる葉の軌跡がマンガのような表現で描かれています。その曲線が、格子の着物の模様とは対照的です。
スポンサーサイト
[ 2015/05/05 ] 帯合わせ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shirokiyagofukuten.blog.fc2.com/tb.php/638-cf41d5d7