2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

紫絋の袋帯「正倉院臘纈文」の帯合わせ

第三千五十九回目は紫絋の袋帯「正倉院臘纈文」の帯合わせです。

今日は倉部さんの刺繍と箔の作品に合わせてみます。倉部さんはあらゆる京繍の技法を使いますが、倉部さんらしい作品といえば金糸を使った精緻な刺繍です。色としては金色どうしで、色数を押さえた都会的な要素もありますし、金色ということで華やかさもあります。

IMG_4542.jpg
いちばん上の写真は、千切屋治兵衛の付下げに合わせてみました。実際に制作したのは倉部さんです。長方形の取り方の中に更紗模様を入れたものです。長方形の取り方は前姿に3つ、後姿に2つ、袖に1つ、胸には取り方でない更紗が1つですが、取り方の長方形はすべて真っ直ぐ立っているため、静的な印象の意匠です。

IMG_4545.jpg
写真2番目は、千切屋治兵衛の付下げに合わせてみました。実際に制作したのは倉部さんです。梅をメインにした松竹梅の意匠です。色紙散しのパターンですが、色紙の中に松竹梅が有って、色紙の外側に金描きで梅の枝が描かれています。色紙は散りつつあるわけですから斜めになっていますし、梅の枝も枝垂れていて、上とは反対に動きのある図案ですね。

IMG_4546.jpg
写真3番目は、千切屋治兵衛の付下げに合わせてみました。実際に制作したのは倉部さんです。刺繍と金描きの併用で(マエミと後姿はほとんど刺繍、袖と胸は金描き)、短冊形の中に幾何学模様を入れた豪華な作品です。

IMG_4550.jpg
写真4番目は、千切屋治兵衛の付下げに合わせてみました。実際に制作したのは倉部さんです。
桜の花と枝を刺繍と金描きで描いた作品です。私は、倉部さんの作品は、金色が引き立つという理由で濃い地色のものを買ったり、注文したりしますが、これは淡い地色です。濃い地色ほど金の色が引き立ちませんが、これもまた上品ですね。濃い地と淡い地の中間ぐらいで、金色を目立たなくしてしまう色がありますから、注文するときは注意が必要ですね。
スポンサーサイト
[ 2015/04/21 ] 帯合わせ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shirokiyagofukuten.blog.fc2.com/tb.php/624-536bd37b