2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

花也の付下げ「流水に丸紋」の帯合わせ

第三千五十一回目は、花也の付下げ「流水に丸紋」の帯合わせです。

今日は名古屋帯を合わせてみます。このような付下げは、訪問着として親戚や友人の結婚式に出席することもできますし、軽いフォーマルとして観劇や食事会に着ることもできます。今日はフォーマルとしては軽い使い方として名古屋帯を合わせてみます。

IMG_3747.jpg
いちばん上の写真は、龍村の名古屋帯「ほかけ」を合わせてみました。シンプルなモチーフを等間隔に展開した意匠で、丸紋に凝縮した付下げの意匠とは対照的ですから、帯合わせの組み合わせとしては基本ですね。

IMG_3748.jpg
写真2番目は、、龍村の名古屋帯「木画狩猟文錦」を合わせてみました。「木画」は種類の違う木を嵌め込んで作画する象嵌のことです。正倉院御物の琵琶の装飾としてあるもので、この模様は「韃靼人狩猟図」などとして日本人に好まれ、近世まで繰り返し描かれました。

上と同じく、付下げの丸紋模様の凝縮型に対し、帯の狩猟文は散し型ですから対照的ですね。しかし上の例では、シンプルなモチーフを等間隔に並べているだけですが、こちらは躍動的な意匠です。全体的な雰囲気はかなり違ってくると思いますが、着る人の好き好きでしょう。

IMG_3751.jpg
写真3番目は、龍村の名古屋帯「飛鳥間道」を合わせてみました。「飛鳥間道」は、(おそらく商標登録のための)龍村によるオリジナルのネーミングで、本来は法隆寺が所蔵する幡に使われている裂の1つです。間道の帯は昨日も合わせましたが、丸紋に直線模様の組み合わせになりとても合っていますね。

IMG_3758.jpg
写真4番目は、花也の友禅の名古屋帯「琳派霞取りに蛇籠と流水」を合わせてみました。霞取りの中に金屏風を思わせる琳派の様式的な波の文様があって、さらにその中に色紙取りがあって、その中に槇と楓と蛇籠と流水という、これもまた金屏風にありそうな琳派の様式的な風景が描かれています。

本来2つの帯に独立して描くべき意匠を、1つの帯に入れ子構造として描いているんですね。結果として重厚な装飾的な意匠となり、袋帯の代わりに使う名古屋帯に相応しいになっています。

IMG_3763.jpg
写真5番目は、一の橋の友禅の名古屋帯「薬玉」を合わせてみました。中井淳夫の作品を思わせる雰囲気がありますし、作品のレベルも高いので、中井から独立した元社員が制作したものと思われます。

気になるのは、薬玉も丸い形ですから、着物の丸紋と重なるかもしrないということですね。近くで見れば全く違うのですが、パーティーで離れた席から見たらどうかというところですね。ただあまり考えすぎると、宗教の戒律みたいになって着物を着ること自体が辛くなってしまいます。まあこのぐらいは良いことにしましょう。
スポンサーサイト
[ 2015/04/13 ] 帯合わせ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shirokiyagofukuten.blog.fc2.com/tb.php/616-3d7d6b7d