龍村の袋帯「波兎遊跳文」の帯合わせ

第三千九回は、龍村の袋帯「波兎遊跳文」の帯合わせです。

今回の帯は紬用と書きましたが、存在感のある龍村の袋帯なのでフォーマル方向にも使ってみます。徐々にフォーマル方向に移行するという意味で、まずは紬地の付下げからです。 

IMG_4779.jpg
いちばん上の写真は、千切屋治兵衛の紬地の付下げを合わせてみました。制作したのは中井淳夫さんで、茶陶の陶画のように見える洒脱な絵をテーマにしたものです。洒脱な陶画が白い輪郭線でくっきり描いてあってはおかしいですから、技法的には友禅ではなくダンマル描きを使っています。

紬地の感触をザラザラした陶器の肌に見立てたわけで、中井さんらしい仕掛けだと思います。紬地+洒脱なダンマル描きということで、付下げの中ではいちばんカジュアルな着物ということになりますね。

ichinohashitsumugi.jpg
写真2番目は、一の橋の付下げを合わせてみました。紬地で更紗風の意匠です。更紗本来の曲線模様を、斜線である直線模様の中に閉じ込めたものです。更紗は日本の古典模様よりもカジュアルな雰囲気がありますが、そのカジュアル感と紬地を組み合わせた付下げです。

綸子や縮緬よりも紬地の方が着易いという方は多いので、紬地の訪問着や付下げというのはとても良い着物のはずです。しかし、フォーマルなのかカジュアルなのかわからず、着て行く場がわからないという声もありますね。その声を「フォーマルでもカジュアルでもあるので着て行く場が広い」に変えるために必要なことは、帯合わせだと思います。

帯合わせによって、よりフォーマル方向、よりカジュアル方向というように操ればいいのです。これはそのための1つの提案で、紬用の帯を合わせてカジュアルに着易いようにしています。当然、フォーマル方向に操る帯合わせもあるわけです。

IMG_4782.jpg
写真3番目は、花也の付下げを合わせてみました。紬地に菱取りの中に霞と草花文を描いたものです。上の2点は、紬地を意識してカジュアルな模様やエキゾチックな模様をテーマにしていましたが、この作品は紬を意識せず、普通に友禅らしい模様を描いたものです。

紬地に糊糸目の友禅の組み合わせは、自然素材同士というイメージがあり、実際に糸目の線が乳白色で柔らかくナチュラル感があります。秋草のようなテーマには向いているかも、それも紬地のメリットではあるんですね。

IMG_4789.jpg
写真4番目は、一の橋の付下げを合わせてみました。こちらは縮緬地に楓と芒を描いたものです。初めて紬地以外にチャレンジしてみましたが、特に違和感はないようです。濃厚な赤茶地が個性的過ぎて好き嫌いが分かれがちですが、開き直って黒地の帯を合わせてしまいました。

私はじつは、大きくて単純な模様が好きです。これは大きな楓と芒を当たり前に並べただけのもの。こういうの流行らせたいんですけどね。
スポンサーサイト
[ 2015/03/01 ] 帯合わせ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shirokiyagofukuten.blog.fc2.com/tb.php/574-afd3541d