2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

龍村の袋帯「波兎遊跳文」

第三千四回目の作品として、龍村の袋帯「波兎遊跳文」を紹介します。

江戸時代に流行し、家紋としてもありますし、伊万里の染付の皿や神社の彫り物としても見ることの多い波兎文をテーマにした袋帯です。地色は黒に見えますが、濃小豆色となっています。波兎のイメージの源泉は、「緑樹影沈んで 魚木に登る氣色あり 月海上に浮かんでは兎も波を奔るか面白の島の景色や 」という「竹生島」の一節です。

IMG_1659.jpg
いちばん上の写真はお太鼓です。

IMG_1664.jpg
写真2番目は腹文です。

IMG_1662.jpg
写真3番目は、うさぎを近接で撮ってみました。

IMG_1665.jpg
写真4番目は、腹文の波を近接で撮ってみました。
スポンサーサイト
[ 2015/02/24 ] 西陣・綴 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shirokiyagofukuten.blog.fc2.com/tb.php/569-3616b9c3