2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

龍村の袋帯「彩香間道」の帯合わせ

第二千九百七十七回目は、龍村の袋帯「彩香間道」の帯合わせです。

IMG_3233.jpg
いちばん上の写真は、野口の付下げを合わせてみました。制作したのは橋村重彦さんです。当時、橋村さんは野口の専属作家でした。この作品は反物状態で付下げとして制作されていますが、加工面積が多く実質的には訪問着です。

手描き友禅の着物といわれて、誰もがイメージする意匠です。基本パターンとして合わせてみました。

IMG_3255.jpg
写真2番目は、花也の色留袖を合わせてみました。訪問着なら良かったのですが、残念ながら色留袖なので在庫であります。雲形を取り方として、中に型疋田や友禅モチーフを入れ、雲形どうしは白揚げの波でつなげています。意匠的には典型的な安田様式です。普段あまり考えませんが(東京では安田といえば銀座きしやだったが、きしやの帯は龍村ではなく梅垣や河村が多かったため)、こうしてみるとよく合っています。

IMG_3420.jpg
写真3番目は、大羊居の付下げを合わせてみました。龍村ですから、一応大羊居は試しておかないといけませんね。大羊居のおなじみのモチーフである桐だけをテーマにしたものです。単純にならないよう、桐の表現がいろいろに変奏されています。大羊居を着ているとお嬢さまのイメージですが、ちょっと粋なお嬢さまになりますね。

IMG_3260.jpg
写真4番目は、花也の付下げを合わせてみました。墨色の地色に白揚げだけで波と松を描いたものです。と四季の花もおまけ的についていますね。ここでは無彩色に地色に白揚げというシンプルな作品も合うというのを試してみました。
スポンサーサイト
[ 2015/01/28 ] 帯合わせ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shirokiyagofukuten.blog.fc2.com/tb.php/542-8c67f6cc