2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

龍村の袋帯「彩香間道」の帯合わせ

第二千九百七十六回目は、龍村の袋帯「彩香間道」の帯合わせです。

今日も着尺(小紋)に合わせてみます。帯合わせが難しい小紋というのは、多色で大柄で総柄の着物です。そういう着物は見て目は綺麗で、単体で絵画的に鑑賞するのには向いていますが、実際に来て帯合わせまで考えると難しいものです。今回の間道は、あらゆる着物に合うというのが長所ですから、そういう着物でも合うはずです。

IMG_3360.jpg
いちばん上の写真は、野口の着尺を合わせてみました。浴衣の柄のような雰囲気もある着尺です。浴衣には、たいていは博多の半幅の帯を締めますが、博多と言えば柄は縞か伝統の一本独鈷模様です。そう考えれば、浴衣の柄に似た着物に対しては、間道の帯が合うということですね。

IMG_3377.jpg
写真2番目は、野口の着尺を合わせてみました。総柄の大きな葡萄の模様です。葡萄の模様と言うと葡萄唐草を連想しますが、この作品はそのような古典様式ではなく写生的に描いたものです。しかし、正倉院裂や名物裂の知識があると、どうしても模様の源流にある意味を詮索したくなります。そのように意味ありげな模様というのも、着る側が意識しすぎて帯合わせが難しいものです。というわけで龍村の間道の相手に選んでみました。

IMG_3396.jpg
写真3番目は、野口の着尺を合わせてみました。多色で大きな花模様で、濃淡が多用され絵画的な美しさがあります。また大胆な横段模様になっています。結論から言えば、もう帯合わせ自体を拒否するような着物ですよね。無地の帯なら合うといいたいところですが、野口の派手な着尺というのは訪問着のようなインパクトがあるので、適当な無地の名古屋帯では貫禄で負けてしまいます。こういう時は、龍村の間道の出番ですね。

IMG_3410.jpg
写真4番目は、野口の着尺を合わせてみました。実際に制作したのは岡重で、技法は手挿(輪郭線のみ型、彩色が手描き)ですから訪問着に近い高級品で、狭い意味での「加工着尺」です。菊が写生的に表現されていますから、季節も気になりますし、花と花をぶつけて良いのか、など柄のある帯は合わせにくいものです。こういう時、龍村の間道のありがたみがわかります。
スポンサーサイト
[ 2015/01/27 ] 帯合わせ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shirokiyagofukuten.blog.fc2.com/tb.php/541-fe1d2e35